日本経済新聞 関連サイト

OK
career-働き方

学生のための業界ガイド(10)「環境」配慮企業
トヨタ・コニカミノルタ…
まずはフットワーク良く行動を

学生のための業界ガイド(10) 「環境」配慮企業トヨタ・コニカミノルタ…まずはフットワーク良く行動を

 学生の皆さん、こんにちは。「日経カレッジカフェ」では皆さんの就職活動の参考になるように、業界研究を掲載しています。今回は地球環境問題への対応に貢献できそうな企業群を紹介しましょう。最近のニュースでご存じかもしれませんが、地球温暖化を防止しようとする世界的な新ルールが、フランス・パリで開かれた国際会議(COP21)で12月12日に決まりました。こうした動きに「何か役立ちたいけど、就職して何をすればいいんだろう?」と思う人もいるかもしれません。日本には環境問題とビジネスの両立に向けた取り組みが世界的に目立っている企業が結構あります。

トヨタの燃料電池車、世界をリードする技術

 最近の活発な動きが皆さんにも目につきやすいのが、自動車業界でしょう。温暖化ガスである二酸化炭素(CO2)の排出の削減に向け、石油など化石燃料の使用を抑制することが世界的な課題のなか、トヨタ自動車は水素をエネルギーとして使う量産型の燃料電池車「MIRAI(ミライ)」を世界で初めて2014年末に発売しました。日産自動車は電気自動車(EV)の市場への投入で世界的にリードしてきましたし、ホンダも来春に燃料電池車を発売する予定をしているなど、自動車大手は温暖化ガス削減に向けた技術革新に積極的です。

 日本経済新聞社が環境対策と経営を両立させようとする企業を毎年評価している環境経営度調査では、2015年1月発表分でトヨタは業種別で1位、製造業4位となり、日産、ホンダも製造業の10位内に入りました。トヨタが今秋に生産時のCO2排出量を大幅に減らす目標を打ち出すなど、製品以外の環境対策も推進しています。

トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI(ミライ)」は世界から注目された

コニカミノルタ・キヤノン、国内外で対策進展

 電機や精密機器業界でも対策が進み、同調査で製造業1位となったコニカミノルタは部品の調達先の協力も得て、CO2排出削減などの活動の輪を国内外へ広げています。製造業2位だったキヤノンも複合機を使う顧客のCO2排出削減にも役立つ取り組みを進めるなど、社外と連携する動きも進みつつあります。

 ではこうした企業に就職して環境分野で活躍するにはどうすればいいのでしょうか。12月10日~12日に東京で開かれた「エコプロダクツ2015」(産業環境管理協会、日本経済新聞社主催)という展示会で企業の環境担当者に聞いてみました。

 環境分野に積極的な企業には、環境部など環境担当の部署があるのが一般的になっています。ただ、展示会で環境部門の人たちに聞くと、環境分野で活躍したいという学生が、就職して「いきなり環境部署に配属される例は少ないと思う」という声が目立ちました。

都内で開かれたエコプロダクツ2015には前年を上回る来場者が集まった

 「環境部署が企業の環境活動をすべて担うのではなく、現場との連携が大事」(自動車)なのは各社共通の様子。環境部門が温暖化ガス規制の世界的潮流などを把握して現場に伝え、各部門がそれに対応する技術開発などを進めるといった流れが典型的といえます。

求められるのは、理論よりも「フットワークの良さ」

 近年は大学で環境対策に関する理論を学んだ意識の高い学生が増えていることを歓迎しつつも、「理論ばかり追うのではなく、現場で様々な現実にぶつかりながら考える」(電機)人材への期待が高いようです。実際、CO2排出が少ない製品を設計しようとしたらコストがかかるといった例は多く、現場の仲間たちと協力して解決する姿勢が大事になります。社外との連携が大事になるなか「フットワークの良さ」を重視する傾向も強そうです。

パリで開かれたCOP21会場では日本も環境への取り組みを示した(ジャパンパビリオン)

 自動車や電機以外でも、非鉄金属・鉄鋼で1位だった住友電気工業をはじめ素材産業では、省エネ性能や断熱性能の向上で環境配慮型の製品づくりに役立つ素材などの開発に力を入れています。食品・医薬品で1位のサントリーホールディングスは水資源確保に向けた森林保全など水問題への取り組みが先進的なことで知られています。世界的な人口増のなかで、温暖化対策だけでなく、水資源の確保なども地球規模の重要課題となってきました。

 環境経営度調査の次回は2016年1月下旬ころに公表される見通しです。こうした調査なども参考に様々な業種をみて、世界的な環境問題への対策に仕事で貢献する一歩を、就職活動で踏み出してみるのもいいかもしれません。

(福田芳久)

連載【学生のための業界ガイド】
(1)住宅メーカー 大和ハウス・積水ハウスでもシェア数%
(2)石油会社 業界再編激化~JX・東燃ゼネラルの次は?
(3)自動車メーカー 巨大な製造業、クルマ好きが大前提
(4)航空会社 全日空・日航からLCCまで競争激しく
(5)電力・ガス会社 自由化の流れ、異業種も攻め込む
(6)百貨店 グループ化進む "爆買い"が追い風に
(7)メガバンク 待遇は高め、国内外で活躍の幅広がる
(8)地方銀行 再編、次はどこ? コミュニケーション力を重視
(9)信用金庫 合併相次ぎ金庫数は減少 地域で活躍したい人に
(10)「環境」配慮企業 トヨタ・コニカミノルタ...まずはフットワーク良く行動を

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>