日本経済新聞 関連サイト

OK
[ liberal arts-大学生の常識 ]

女子高生も魅了するドローン、
活用アイデア創出に期待

女子高生も魅了するドローン、 活用アイデア創出に期待

 2016年2月15日の午後、東京都世田谷区にある田園調布雙葉学園のグラウンドから、1台の白い機体が飛び立った。ドローン(無人飛行機)である。

 ぐんぐんと高度を上げ、瞬く間に約100メートルの高度まで到達した。生徒からは「すごーい!」「高度は今何メートルなの?」「なんであんなに安定しているの?」などの歓声が相次ぐ。教員も上空のドローンを夢中になって見つめている(写真1)。

 ドローンは、世界の最大手メーカーである中国DJI製の「Inspire 1」だ。約100メートルの高度まで到達した後、撮影に適した高度まで徐々に下降。高度60メートルほどの地点で、見下ろす校舎とグラウンドの全景を撮影した(写真2、写真3)。

 なぜ、女子校のグラウンドをドローンが飛行しているのか。実は、同園における情報科目の授業の一環なのだ。この日は、中学校と高校の合同授業が開かれ、合計で約40人の生徒が参加した。

 「情報の授業では、ExcelやPowerPointの操作を習得するだけでなく、様々な体験学習を実施している。産業や社会を支えているIT(情報技術)を、実際に肌で体験することが必要だ」。同校の小林潤一郎教諭はこう話す。

写真1 グラウンド上を飛行するドローン。操縦しているのは日本マイクロソフトの業務執行役員である西脇資哲エバンジェリスト

写真2 ドローンは約100メートルの高度まで上昇した後、撮影に適した高度まで下降した(出所:西脇資哲氏)

写真3 上空のドローンを見つめる生徒と教師たち(出所:西脇資哲氏)

 そのため、同校の情報科目の授業は多種多彩なテーマを扱っている。動画編集ソフトを使ったCM作成や、Visual Basicを使ったロボットのプログラミング、さらには自分たちでデザインしたアクセサリーを3Dプリンターで作る。「こういった制作作業を通じて、"表現する"ことの大切さを学んでもらいたい」(小林教諭)。この日は、IT業界をにぎわせているドローンの最新動向を理解するための授業、というわけだ。

No1の「ドローンプレゼンター」

写真4 講演する西脇氏。年50回以上、講演やセミナーに登壇する

 小林教諭がドローンの最新動向を授業で紹介するために招いたのは、日本マイクロソフトの業務執行役員である西脇資哲エバンジェリストだ(写真4)。ドローンをテーマに、年50回以上の講演やセミナーに登壇している。高校や大学などの教育機関に限らず、仙台市や沖縄市などの自治体などでもセミナー活動を広げている。あまりの講演回数の多さに、「ナンバーワンのドローンプレゼンター」と呼ぶ人もいるという。

 これらの講演は、日本マイクロソフトの職務ではなく、西脇氏個人の"ライフワーク"として進めている。もともと西脇氏がドローンを購入して飛ばし始めたのは、2009年のこと。以来ドローンにはまり、現在はなんと22台も機体を所有している。

 この日飛ばしたドローンは、西脇氏個人が所有する機体。飛行性能や安定性、搭載するカメラ性能などから、「ナンバーワン」の評価を与えている(写真5)。

写真5 中国DJI製の「Inspire1」。専用のコントローラーで操縦する

この記事は会員限定コンテンツです。続きを読むには「College Cafe by NIKKEI」に会員登録(無料)してください。

最初に日経IDを取得し、その後「College Cafe by NIKKEI」に利用登録(無料)します。