日本経済新聞 関連サイト

OK
[ career-働き方 ]

新聞で発信力も強化
毎日アウトプットを習慣づけ

新聞で発信力も強化毎日アウトプットを習慣づけ

 プレゼンの専門家もでない限り、毎日プレゼンをする人、企画書を作り続ける人はなかなかいません。ですから、日々発信力を強化したいと思っていても、その訓練の場がなくもどかしく思う方も少なくないのではないでしょうか。

 実は毎日プレゼンをし続けるのと同効果の方法があります。それは新聞で目にする情報を活用することです。

・新聞の気になった内容を要約してアウトプットする
・新聞で見つけた新サービスを、自分が社内プロジェクトを通すためにプレゼンしたらどうするかという視点で読む
・新聞で使われている図解を自分のプレゼンに応用するにはどうしたらいいかと考える

 毎日の新聞を読む習慣にこの視点をプラスするだけで、ニュースを追うだけの読み方から一歩踏み込んで活用できるようになります。

インプットだけでなくアウトプットも練習

 プレゼンテーションの際にコンサルタントがよく使う手法として、「PREP法」があります。

P:Point(要点)
R:Reason(理由)
E:Example(事例)
P:Point(要点)

 という順番で、ひと塊で人にものを伝えるようになると、相手の頭にスッと入り理解されやすいというものです。この訓練をしていると、会話の中でとっさに相手に質問されたときも、きちんと相手の頭に入るような説明ができるようになります。

 たとえば、新聞の中で気になった記事をPREP法で要約したらどうなるかと考え、文字に起こしてみるのもお勧めです。

 一例を挙げましょう。2015年12月8日の日本経済新聞夕刊に「Nipponビジネス戦記」というシリーズの記事が掲載されていました。「建前文化 良さもある」というタイトルで、日本でビジネスを展開するイスラエル人、インサイテック・ジャパン社長ヤイール・バウアー氏が執筆したコラムです。これをPREP法で表現すると下記のようになります。

・Point
私が気になった記事は、イスラエル出身で日本においてビジネスを展開するヤイール・バウアーさんのコラムでした。ヤイールさんは、日本の建前文化に戸惑った経験と、建前文化で逆に良かった経験を書かれていました。

・Reason
気になった理由は、一般的に「日本はダメだ」という文脈で出てくる「本音と建前」の話が逆に日本の良さとして評価されていたからです。今、筆者は朝型勤務を推進するコンサルティング会社を経営しているのですが、日本のはっきり物を言わない文化が残業を増やしているという問題意識を持っており、意外に感じたためです。

・Example
例えば記事にはこのような事例が出ていました。
●思ったことをストレートに伝えるイスラエルの国民性とは対照的で驚いた
●しかし、理解を深めているうちに良さに気付いた
●商談が難航してもはっきり断らないため、すぐにあきらめずに難しい商談を成功させた
●はっきり断らないから逆に交渉の余地を生む

・Point
今までは日本の「なあなあ」文化を改善するという視点でしか物事を見ることがなかったのですが、この記事をきっかけに"日本的ななあなあ文化"を活かしながら、朝型勤務を展開できれば、日本発の新しいワークスタイルの提案が可能になると視点が変わりました。

 かなり情報量が多いように思えますが、これを読み上げても3分程度です。3分で自分の考えや仕事内容を盛り込みながら、ポイントを拾い上げる訓練を少しずつ続けていくと確実に力となります。

新聞で図解を学ぶ

 新聞は活字を読むものと思われがちですが、図解力を磨くにもうってつけのツールです。新聞社には図を作る専門部隊がいて、表現についても研究を重ねているそうです。毎日隅から隅まで読むことが難しくても、図をさっと眺めるだけでだいたいの概要がつかめるように工夫されているのです。あなたの仕事でも活用してみましょう。

 新聞で図が用いられるのは、大きく分けて3つのパターンがあります。

1.数の増減にかかわる記事
「ある国においての携帯電話の加入数がここ数年で激増している」といったようなメッセージを棒グラフなどで表すもの

2.複数の会社、団体の戦略や方針を比較する記事
ある企業とライバル企業の戦略やサービスの違いを比較したり、選挙の時にある政党と別の政党の政策の違いを比較したりするもの

3.新サービスの流れや仕組みを示す記事
企業が始める新しいサービスで、どんなものかが文章では分かりにくい場合に、関係性を矢印やイラストなどでつなげて示すもの

 新聞に添えてある図を眺めつつ、この図は3つのうちのどのタイプかと考えるだけでも図解力は格段に上がります。例えば「今日は図に添えられている矢印の動きについて注目」という視点で新聞の図を眺めると、矢印がどの方向に向いているか、矢印の太さはどうかという情報に目が行くようになり、人・物・情報・お金などの流れが分かりやすくなります。

 毎日何気なく目にしている情報も、このように切り口を変えて見てみるとたくさんの学びがあります。ぜひ試してみてください。

池田千恵(いけだ ちえ)
 株式会社 朝6時 代表取締役。慶應義塾大学総合政策学部卒業。外食企業、外資系戦略コンサルティング会社を経て現職。企業や官公庁、個人に向け、図を活用したプレゼンテーション資料作成術、企画書作成術や会議進行術など、「伝わる」コミュニケーション全般について指南。女性のキャリア形成、ダイバーシティーなどをテーマに講演、著述活動も行う。『絶対! 伝わる図解』(朝日新聞出版)、『描いて共有! チーム・プレゼン会議術』(日経BP社)などプレゼン・図解に関する著書多数。

[nikkei WOMAN Online 2016年3月4日付記事を再構成、日経電子版2016年3月29日付]

◆「就活」関連記事はこちら>>

【関連記事】
「情報源はSNS ニュースの見方に地殻変動」
「内定者座談会(2) OBに会うたびにESを添削してもらった」
「コミュニケーションの原則~『しゃべり上手』でなくていいワケ」

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>