日本経済新聞 関連サイト

OK
career-働き方

シューカツ都市伝説を斬る!「こんな御社だから志望しました」
は響かない

authored by 曽和利光
シューカツ都市伝説を斬る! 「こんな御社だから志望しました」は響かない

 リクルート、ライフネット生命などの人事責任者として20年以上、累計で2万人を超える就活生を面接してきた「プロ人事」、曽和利光さん。「学生は、根拠のない思い込みで失敗している」という曽和さんが、面接官の本音を語ります。今回は「『こんな御社だから志望』は響かない」です。

 いよいよ経団連ルールに沿った企業の面接が本格的に始まります。前回(「最終面接落ち」に希望はある!?)は面接の過程について、最終面接でのポイントを軸に検討しましたが、引き続き最終面接をテーマに掘り下げてみます。最終で改めて志望動機を尋ねられるケースも少なくないと思います。ここで何を答えれば面接官の琴線に触れられるのでしょうか。「御社はこんなビジネスを展開している会社なので志望しました」と、理路整然と説明する。一見よさそうですが、実は無意味どころか、そういう答え方に終始してしまってはむしろマイナスです。

志望動機のポイントは「why」

 志望動機。1次面接から繰り返し問われることになると思いますが、最終面接での重みはまったく違います。1次面接の段階で答えるべき志望動機は、「私はこういう基準で受ける会社を選んでおり、御社の事業がそこに当てはまると思った」という「会社選びの基準」で十分だという話は、以前にお伝えしました。まだ「志望している」と言い切れるほどの段階ではない、というのが理由です。一方、最終面接に進んだなら、いわばもう婚約するかどうかという段階なわけです。きちんと志望動機を語り、覚悟を示さなければ突破できないといえるでしょう。

曽和利光(そわ・としみつ) 1971年生まれ。 京都大学教育学部卒。リクルート人事部ゼネラルマネージャー、ライフネット生命総務部長などを経て2011年、主に新卒採用を対象にしたコンサルタント事業の人材研究所を設立。著書に『就活「後ろ倒し」の衝撃』(東洋経済新報社)、「『できる人事』と『ダメ人事』の習慣」(明日香出版社)などがある。

 それでは、最終面接で語るべき志望動機とはどんなものか。2つの切り口が考えられます。1つは「what」、つまりその会社の「何が好きか」で、もう1つは「why」、その会社を「なぜ好きか」です。私が以前勤めていたリクルートの場合でいうと、「人生の節目節目で情報提供することにより、人の生き方の多様性を生み出す企業だというところに魅力を感じて志望しました」というような答えはwhat。その多様性を生み出すという価値をなぜ好きになったのか、を答えるのがwhyということになります。この2つの切り口のどちらを重視すべきかというと、これはもう圧倒的に後者です。

 なぜwhyが重要なのか。それは、志望動機を尋ねることの本質が、「その会社の仕事を頑張る上での思い入れに根っこが生えているか」を問うことだからです。入社後につらい仕事を頑張るためのエネルギー源として、どこまで強い思い入れや価値観を持っているか。企業側が見極めたいポイントはまさにそこです。答えの中に根っこが見つからなければ、面接官は「そんな浮ついた気持ちで入社しても、つらいことにぶつかったらすぐに辞めてしまうのではないか」と疑います。結果として、そんな志望動機をよしとして面接を通すわけにはいかないな、という判断になるというわけです。

「なぜ問われるのか」に潜む誤解

 一方、whatだけではなぜダメなのか。whatの答えは、単にその会社の事業を説明しているだけで、学生自身についての内容がまったくないですよね。優しい面接官であれば、「そう思ったきっかけは何ですか」「なぜそこに興味があるのですか」などと問いかけて、whyの部分を引き出そうとしてくれます。それでもwhyが見当たらない場合、その学生の能力が非常に優秀でもない限りは落とすほうに傾きます。

 もっとも、whyのほうが重要なのに、whatしか語らない学生は実に多くいます。志望動機がなぜ問われるのかについて、誤解があるのでしょうね。「志望動機」という言葉そのものが、ミスリードしている面もあると思います。「なぜ入りたいのか」との質問は、どれほど企業研究を重ねてこの会社を詳しく知った上で選んだのか、を問われているようにも聞こえるので、whatが答えになるとつい考えてしまうのかもしれません。

いよいよ6月1日に経団連加盟企業の選考が解禁される

 面接官がwhyの根っこを確かめる基準は3つあります。学生側からすれば、whyを訴える上でのポイントということになります。1つ目は「志望のきっかけ」です。これまでの生い立ちの中でどんな経験をして、どんな考え方を持つようになったので、その会社に魅力を感じているのか。そうしたきっかけが納得できるものかどうかが問われます。2つ目は、その会社の事業に感じる魅力の源泉について、いろいろ語れるという「語りの豊かさ」があるかどうかです。whatの裏付けになる豊富な知識といってもいいかもしれません。例えば出版社であれば、「本が大好きです」という志望動機もあり得ますが、そこで最近読んだ本はここが面白かったとか、出版業界は今後こうなっていくと思うとか、いろいろ語れるかどうかということになります。3つ目はその魅力を感じる上で、実際に行動の裏付けがあるかという「行動化」です。出版社の例でいえば、実際にどれくらい本を読んでいるか。「うーん、月に2冊ぐらいです」なんて答える学生がいたら、「それは本が好きとは言えない!」って思ってしまいますよね。

自己分析を問い直せ

 この3つの基準は、すべてを満たしている必要はありません。なぜかはわからないがともかく昔から本が好きで、きっかけについてはあまり納得性をもって語れない、といったようなケースもあり得ます。しかし、志望動機のどこを掘っても基準に行き当たらない、whyの根っこを説明できないとなると、もしかすると志望したいという意志を、自分で自分をだましてつくり上げているのかもしれません。以前にも触れた「ねつ造されたウィル(意志)」ですね。この場合、面接を通過できたとしても、入社後にミスマッチが明らかになれば、つらい思いをしそうです。最終面接に臨むにあたっては、自己分析の内容について改めて問い直し、志望動機のwhyをしっかり語れるようにしておきましょう。

 ところで、経団連加盟企業でもリクルーター経由で事実上の選考を進めていれば、6月早々にいきなり役員面接を経て内々定を出すケースもあります。実は某有名テーマパークを観察していると実態がわかります。昨年は面接解禁の8月1日が土曜日だったので、その週末は周辺のホテルの部屋を企業が大量に確保していました。辞退を避ける狙いで、学生をテーマパークに放り込んでおくというわけです。今年の解禁日は水曜日ですが、また週末にかけて同じようなことが起こるかもしれませんね。

 同じ時期に1次面接からチャレンジする学生は、釈然としないかもしれません。しかし、以前にも言及しましたが、リクルーター経由だという理由で選考基準が甘くなることはあり得ません。解禁後のオープンエントリーの採用市場にも優秀な学生が多いことは、企業側もよくわかっています。いいマッチングに出会えるように最善を尽くして欲しいと思います。
[日経電子版2016年5月31日付]

◆「就活」関連記事はこちら>>

【シューカツ都市伝説を斬る!】
「1次面接で落ちるほうがまだ希望があるのはなぜか」
「会社説明会『満員』に抜け道あり」
「ウソ発見器に注意 性格診断テストに仕込まれたワナ」
「実は企業が求めているシューカツ『意識低い系』」
「行きたい会社がみつからない君に、伝えたいこと」
「『面接は言葉のキャッチボール』の定説を疑え 」
「エントリーシートに書いてはいけないエピソード」
「面接は『具体的に、定量的に、固有名詞で』」
「グループ面接、『うなずき』君の大失敗」
「面接官は『動作』を見ている キーワードは太極拳 」

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>