日本経済新聞 関連サイト

OK
[ skill up-自己成長 ]

大学生観光まちづくりコンテスト2016 山梨ステージ
~都心から2時間で手に入る贅沢を

大学生観光まちづくりコンテスト2016  山梨ステージ~都心から2時間で手に入る贅沢を

 「大学生観光まちづくりコンテスト」(観光庁、文部科学省など後援)の本選が、2016年9月上旬から各地で開催されました。今年で6回目となるこのコンテストは、大学生が自分たちで考えた各地の観光振興のアイデアを競うイベントです。「日経カレッジカフェ」も広報面で協力しています。今年は青森、金沢、甲府、大阪、大分の5会場で、95大学計216チームが参加。今回は9月10日に開かれた「山梨ステージ」本選の様子を紹介しましょう。

9大学10チームが熱いプレゼン合戦

 山梨ステージの会場となったのは「笛吹市スコレーセンター」(山梨県笛吹市)。ステージの参加総数は37大学80チーム。この中から書類審査による予選を通過した9大学10チームがこの日の本選で、それぞれ10分間のプレゼンテーションに臨みました。本選出場を逃したチームにも、会場別室のポスターセッションで発表の機会が与えられ、30チームが参加しました。

立教大学/山梨を愛してやまなし
跡見学園女子大学/村上ゼミ3年チーム山梨


東洋英和女学院大学/ぱにゃにゃんはー
フェリス女学院大学/GIS研究会

インバウンド誘客やミズベリングがテーマ

 コンテストの対象地域は、山梨県の笛吹市、山梨市、甲州市の峡東3市。①訪日外国人の誘客と滞在を促進する「観光まちづくりプラン」か、②ミズベリングと連動した「観光まちづくりプラン」のいずれかを選ぶ形でした。

 昨年の山梨ステージ本選当日は真夏かと思わせる晴天でしたが、今年も同じような好天に恵まれました。午前11時、各チームのリーダーが壇上に勢ぞろい。チームの概要を紹介した後、いよいよ成果発表です。

ワーキングホリデー生かすアイデア

 トップバッターは立教大学の「山梨を愛してやまなし」チーム。Glamorous(魅力的な)と、Campingという言葉を組み合わせ、快適な環境で豪華な野外活動を提案しました。東京から2時間で訪問できる点に注目し、東京に来た欧米のビジネスパーソンとその家族などを呼び込もうという内容です。

 続いて登壇したのは、跡見学園女子大学の「村上ゼミ3年チーム山梨」。「第二のロス・フィンドレーを探そう」と訴えました。豪州出身のフィンドレーさんは、冬のスキーが有名な北海道ニセコ地域で、ラフティングなど夏の体験観光の魅力を発信し、通年観光の地に変えた立役者。「村上ゼミ3年チーム山梨」は「山梨市でも外からの視点で、地域おこしを進めよう」と呼びかけたのです。

 3番目に登場した東洋英和女学院大学の「ぱにゃにゃんはー」は、自然や神社仏閣などに着目。パワースポットが好きな女性をターゲットに集客しようと提案しました。

 フェリス女学院大学のGIS研究会は、活用されていない長屋をリノベーションし、水辺でくつろぐミズベリングの空間を提案しました。女子大生風の風林火山がコンセプトといいます。風(新しいもの)、林(癒し空間)、火(早くまわる、SNS)、山(古き良き伝統・文化)を指しています。

 5番目は青山学院大学の「地球社会共生学部学生連合」。20歳代のムスリムの女性らを呼び込もうと訴えました。

 続いて、東京国際大学の「Happy Smile」は日本に来ているワーキングホリデー査証(ビザ)取得者を対象に、山梨市の観光農園、観光施設で働いてもらったり、SNSで投稿してもらったりするアイデアを発表しました。

青山学院大学/地球社会共生学部学生連合
東京国際大学/HAPPY SMILE


帝京大学/河野ゼミナール山梨班
山梨県立産業技術短期大学校/チームこぴっと

廃校使って若者が集う場所に

 帝京大学の「河野ゼミナール山梨班」は、富士山観光に訪れるインバウンド客に、自然に囲まれた笛吹市芦川村でのCOHAS体験を提案したいといいます。COHASとは文化体験を通した持続可能な健康増進を意味しています。

 8番目に登壇したのは山梨県立産業技術短期大学校の「チームこぴっと」。山梨市、甲州市、笛吹市の峡東3市の廃校を、子供や若者が集う場所に活用しようと訴えました。地域の魅力を研修プログラムなどで伝えて訪問を促すとともに、移住や企業誘致にもつなげるというアイデアです。

 山梨英和大学の「ブランディング研究会」はかつて甲州街道の宿場町として栄えた石和宿に着目。リニア中央新幹線開通で甲州街道が交通の要になるとして、アジアからの観光客を誘客する案を発表しました。

 最後に登壇したのは、跡見学園女子大学の「篠原ゼミ」。地元と学生が共同で運営する組織、DMOを発足させることを提案しました。地域の古民家を活用し、フルーツ観光を世界ブランド化するアイデアも披露し、この日の10チームの発表を終えました。

山梨英和大学/ブランディング研究会
跡見学園女子大学/篠原ゼミ


本選の会場となった笛吹市スコレーセンター
会場の別室で開かれたポスターセッション

観光庁長官賞は山梨英和大学「ブランディング研究会」

 地元自治体や国土交通省関東運輸局、関東地方整備局などから出席した審査員たちの審査の件、「観光庁長官賞」には山梨英和大学の「ブランディング研究会」が選ばれました。また、山梨県知事賞には山梨県立産業技術短期大学校の「チームこぴっと」が選ばれています。

 観光庁長官賞に選ばれた山梨英和大学「ブランディング研究会」の櫻井俊貴さんは「狙っていたのでうれしい。先生をはじめ指導、応援してくれたひとたちに感謝したいと思います」と喜びを語ってくれました。

観光庁長官賞を受賞した山梨英和大学の「ブランディング研究会」
山梨県知事賞を受賞した山梨県立産業技術短期大学校の「チームこぴっと」

 山梨ステージの本選出場チームと審査結果は以下の通りです。他の地域のコンテスト本選の様子も順次、「日経カレッジカフェ」で紹介します。

山梨ステージ 本選出場チームとタイトル(発表順)
(1)立教大学/山梨を愛してやまなし 「グランピングついで旅~都心から2時間で手に入る贅沢」「甲州市長賞」
(2)跡見学園女子大学/村上ゼミ3年チーム山梨 「ロス・フィンドレーを探せ」
(3)東洋英和女学院大学/ぱにゃにゃんはー 「★に願いを、♥で想いを、水と共に。」「JTB賞」
(4)フェリス女学院大学/GIS研究会 「ミズベリングの宝石箱―あったらいいなを詰め込んだリノベーションの提案―」「ミズベリング賞」
(5)青山学院大学/地球社会共生学部学生連合 「山梨×ムスリム~山梨がムスリムと日本をつなぐ~」
(6)東京国際大学/HAPPY SMILE 「ワクワーク(在日ワーキングホリデーメーカーを活用した山梨市の観光プロモーション」「山梨市長賞」「パフォーマンス賞」
(7)帝京大学/河野ゼミナール山梨班 「COHASツーリズム~芦川村へのインバウンド誘致~」「クリエイティブ賞」
(8)山梨県立産業技術短期大学校/チームこぴっと 「廃校へ行こう~自然の楽園へようこそ~」「山梨県知事賞」
(9)山梨英和大学/ブランディング研究会 「宿場町として復活する石和宿」「観光庁長官賞」「笛吹市長賞」
(10)跡見学園女子大学/篠原ゼミ 「日本初!! 地元と学生が共同で運営する『山梨・峡東広域観光DMO』がつなぐ世界戦略」
最後に集合写真を撮影しました

(取材は村山浩一)

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>