日本経済新聞 関連サイト

OK
career-働き方

さあ就活 「早めの動きだし」が大事
インターンは仲間を作る好機
自己分析に友人の声を反映

さあ就活 「早めの動きだし」が大事インターンは仲間を作る好機自己分析に友人の声を反映

 2018年卒の採用スケジュールは17年卒と同じ日程で進むことが決まった。広報解禁は3月1日、面接解禁は6月1日となる。その主役となる大学3年生が就職活動を成功させるには、いつ、何をしたらいいか。同日程で就活に取り組んだ4年生に話を聞くと、成功のカギは「早めの動きだし」にありそうだ。

 今年度のスケジュールは昨年より良かったというのが就活生のもっぱらの評価だ。面接解禁日が昨年より2カ月早まり6月になった分、内々定を早く得られ、暑い夏が来る前に活動を終えられたため。一方で説明会や面接が短期に集中し非常に忙しかったとの声も多い。

 就活を満足して終えた4年生の多くは3年の早い段階で大学の就職ガイダンスなどに参加。彼らが「内々定に向けすぐやるべきだ」と口をそろえるのがインターン(就業体験)と自己分析だ。

オフィス街を歩く就活生(東京・丸の内)

 インターンは採用サイトなどでは分からない雰囲気を肌で感じられるといった利点がある。志望企業に早く目星を付ける意味でも「3月に探し始めたのでは遅い」(東京経済大学の男子学生)。

 大手や有名企業はインターンの応募が殺到するため、その選考を通過するのも難しい。夏のインターン選考に全て落ちたという立教大学の男子学生は、秋以降に再挑戦してインターンに参加。「説明会やエントリーシート(ES)、ウェブテスト、面接など本選考と同じプロセスを一通り経験できた」と話す。

 就活では仲間の存在も大切だが、普段一緒にいる友人と志望業界が重なるとは限らない。「インターンには目指す方向性が近く意識も高い学生が集まる」(東京経済大生)ため、その後の情報交換にもつなげられる。

 自己分析も早めに着手したい。ESを書く時の必須項目であり、志望業種の絞り込みにも役立つ。「大企業の説明会やES提出が本格化する3月までには終えておくのが理想」(芝浦工業大学の女子学生)だ。可能なら友人などに自分について聞く「他己分析」もしてみよう。自分では気付かなかった長所や短所を発見でき、説得力も増す。

 大手より動きだしが早い中小企業や外資系企業の説明会や選考を経験するのもお薦めだ。「1社でも内々定を獲得していれば本命企業の選考前に余裕を持てる」(東京外国語大学の女子学生)

 広報解禁となる3月以降はかなりの過密日程を覚悟した方がいい。合同説明会や個別説明会が集中するため、1日に数カ所をはしごすることはざら。回り切れるよう計画を立てる必要がある。

 「参加する説明会の時間と場所を書き出し、なるべく移動がコンパクトになるよう日程を組む」(芝浦工大生)など、効率的に回るのが鉄則だ。

 面接解禁は6月1日だが、4~5月には「面談」や「質問会」などと称する事実上の選考が始まることが多い。証券会社志望だった東京経済大生は25社の選考を受けた。あまりに忙しく腰の落ち着く間もなかったが、「営業の練習だと思って頑張った」という。

 面接を数多く受けるのは大変だが、学べることも多い。芝浦工大生は「面接の最後に自分から質問できる機会を有効活用して、いろいろ吸収できた。別の面接にも生かせた」と振り返る。

 もっとも、たくさん受ければいいというものでもない。「就職サイトが示す平均エントリー社数は自分には多いと感じた。あまりあおられすぎない方がいい」(東京外語大生)。自己分析にしっかり取り組み志望や適性を見極められているなら、思い切って企業を絞り込んで1社1社に集中するのも手だ。

 選考過程で志望先が揺れることもあるだろう。そんなときに頼りになるのが大学のOBOGだ。立教大学の男子学生は大学キャリアセンターの名簿を活用してOBを訪問。「最終面接前に親身にアドバイスをもらったことが内々定を得る決め手になった」という。
[日経電子版2016年9月26日付、「18歳プラス」面から転載]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>