日本経済新聞 関連サイト

OK
[ liberal arts-大学生の常識 ]

タイ料理店でよく見たプミポン国王
どんな人だった?

タイ料理店でよく見たプミポン国王どんな人だった?

 10月13日、在位70年におよんだタイのプミポン国王が死去、12月1日に長男のワチラロンコン皇太子が即位しました。なぜタイが今注目されているのでしょうか。イチ子お姉さんとからすけが話しています。

イチ子お姉さん 東南アジアにあるタイのプミポン国王という人が亡くなったわ。「国の父」と尊敬されていたから、国全体が悲しんでいるのよ。

からすけ タイは料理がとても辛いことくらいしか知らない。どんな国なのかな。亡くなった国王は、タイでどんなことをしたんだろう?

70年在位したカリスマ

 イチ子 我が家もタイ料理店によく行くけど、店にプミポン国王の肖(しょう)像画が飾(かざ)ってあるのを知ってた? 18歳(さい)で即(そく)位して、70年間にわたって国王であり続けたの。10月に亡くなった時点での世界の君主の中で、最も長い就任期間だったわ。国民は親しみと、尊敬の心を抱いていたので、亡くなったことでタイの人は悲しみに暮れているの。

 からすけ 料理店ではおいしいスープのトムヤムクンに夢中で、肖像画には気がつかなかったなあ。

 イチ子 タイは東南アジアの中心に位置して、面積は日本の1.4倍の51万4000平方キロメートル。人口は6600万人ほどで、首都はバンコク。周りの国は第2次世界大戦の時代、英国やフランスの植民地になったけれど、タイは独立を守ったの。東南アジア各国の経済協力を進める東南アジア諸国連合(ASEAN、キーワード)では中心的な役割を果たしているわ。

<キーワード>
 ASEAN 1967年、東南アジア全体を「開かれた経済成長センター」にするため設立。現在10カ国が加盟する。
 クーデター フランス語で「国家への一撃」。軍などが暴力的な手段で引き起こす政変を指す。革命とは区別。

 からすけ なるほど。

 イチ子 プミポン国王が即位した第2次大戦直後は、貧しい農業国だったの。そこで国王は農村を豊かにしようと国内各地に足を運び、農地開発や治水、医療(りょう)向上を進めたわ。「王室プロジェクト」というのよ。こうした姿が国民からの敬愛を集め、「父」と呼ばれるようになったのね。

 からすけ カリスマ性のある人だったんだ。

クーデターを平和的に調停

 イチ子 タイは工業化が進み経済成長するけど、政治が不安定なの。民主化を求めて市民と軍が衝突(しょうとつ)したり、大規模な反政府デモがあったり。その都度、クーデター(キーワード)がよく起きたわ。国王は国民の尊敬と支持を背景に、やがて政治の争いごとを収める調停者として存在感を高めていったのよ。

 からすけ とても大きな影響(えいきょう)力を持っていたんだね。

 イチ子 1992年、反政府デモに軍が発砲(ぽう)して死傷者が出た「暗黒の5月」と呼ばれる事件を解決したのが有名だわ。この事件の時、国王はデモと軍それぞれの指導者を王宮に呼び出して、和解するよう説得したの。双方の指導者は国王の前にひざまずいて和解を受け入れたの。国王が争いをやめるように迫(せま)った映像は国内外に流れ、その影響力を印象づけたわね。

 からすけ それはすごい。

 イチ子 日本の皇室とも関係が深いわ。国王は63年に国賓(ひん)として来日して以来、天皇、皇后両陛下と交流を続けたの。今の天皇陛下は91年、即位後初めての外国訪問先としてタイを選んだの。

 からすけ 日本とタイは仲良しなんだね。

 イチ子 経済の結びつきが強いわ。タイの主力産業は自動車と電気・電子産業。特に自動車の生産はトヨタ自動車、ホンダをはじめとする日本のメーカーが進出して盛んになったのよ。おかげでタイ国内での車販(はん)売台数も日本車が圧倒(とう)的に強いわ。自動車だけでなくタイに進出する日系企業は4500~5000社といわれているの。中国、米国に次いで世界3位の進出数だわ。

 からすけ 僕(ぼく)も行ってみたいな。

 イチ子 経済だけではないの。ゾウの「はな子」を知っているかしら。東京の動物園で今年5月、69歳で死んだゾウよ。はな子は戦後の日本の子どもたちへの贈(おく)り物として、国王が就任して間もない49年にタイからやってきたの。友好の証しとしてね。タイの人たちにとってゾウは神聖な生き物。日本に贈られ、今でも10頭以上が各地の動物園で飼育されているの。

 からすけ はな子が死んだのはニュースで知ったよ。

 イチ子 亡くなった国王が国内の安定と日本との友好に貢献(こうけん)したのは確か。それだけにタイでは「国の父」を失った悲しみが続き、消費や娯(ご)楽を慎(つつし)む自粛(しゅく)ムードが広がっているわ。車などぜいたく品の購(こう)入を控(ひか)える動きもあるのよ。タイ全体が活気のある街に戻(もど)るのがいつか、分からないという人さえいるわね。

 からすけ 次の国王は決まったのかな。

 イチ子 長男のワチラロンコン皇太子が継(けい)承するわ。でもプミポン国王一代で築いた絶対的な支持が、後継者に受け継がれる保証はないし、皇太子の実力も未知数。タイは今、政治が決して安定しているとはいえないの。これから混乱が起こるのではないかと心配されているのよ。

世界的な自動車製造の拠点

渋谷教育学園渋谷中学高等学校の真仁田智先生の話 10月、14年ぶりに訪れた中国(西安・北京)が激変していたことに驚(おどろ)きました。日本企(き)業全体では海外の売り上げが国内を上回っており、発展するアジアの動向にも注目しなければ、新しい時代には対応できないという危機感を抱(いだ)きました。 タイは東南アジア諸国連合(ASEAN)の中心的な役割を果たす国です。多くの日本企業も進出する世界的な自動車工場の拠(きょ)点は、「アジアのデトロイト」と呼ばれています。海のシルクロードの拠点として栄えた歴史、トムヤムクンなどのエスニック料理、敬虔(けいけん)な仏教徒が多いほほ笑みの国は人気があり、日本から数多くの観光客が訪れています。 若者にはお金をかけずに時間をかけるバックパッカーの旅を勧(すす)めます。伝統文化と発展するエネルギーに満ちたアジアは、きっとあなたの感性を刺(し)激するはずです。

[日経プラスワン2016年11月5日付、日経電子版から転載]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>