日本経済新聞 関連サイト

OK
information-お知らせ

【PR】駿台予備学校が教える
2020年、なぜ大学入試は変わるのか?

【PR】駿台予備学校が教える2020年、なぜ大学入試は変わるのか?

 2020年度から従来の大学入試センター試験に代わり、「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」が導入されます。知識偏重型のテストから思考力や判断力、表現力が求められるテストに変わるのです。すでに入試を終えた今の大学生にとっては一見関係のない話のように思えますが、実はこの変化を自分の事としてとらえる必要があるようです。今回の変化が今の大学生にどう影響するのか、駿台予備学校の進学情報センターの石原賢一センター長と、広報部田口浩一部長に聞きました。

新テストは思考力、判断力、表現力を評価

石原賢一センター長

―― 2020年、大学入試はどのように変わるのですか?

石原 大学入試センター試験が「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」に変わります。センター試験はどちらかと言うと、物を知っているかどうかに重点が置かれ、今の大学生は知識量を問われる試験を受けてきました。例えば山川の教科書の欄外を覚えないと点数が取れないような。今度の新テストでは知識や技能を評価しつつ、思考力、判断力、表現力を中心に評価するようになります。

 もう1つは受験生と大学のマッチングを良くするということです。これが最大のポイントでしょう。大学は「うちの大学を卒業すればこういう力が身に付きます」というディプロマポリシー(卒業要件、学位授与要件)があり、そのディプロマポリシーを踏まえて教育科目を編成・実施するカリキュラムポリシーがある。そして、この2つのポリシーに基づき、どのような入学者を受け入れるかというアドミッションポリシーがあります。このアドミッションポリシーに沿って大学は入試を実施するようになります。受験生はこれまでの偏差値によって大学を選ぶのではなく、3つのポリシーを見て大学を選ぶようになるわけです。何を学んで、どんな知識と能力を身に付けて、どんな仕事に就きたいのかを考えて大学を選ぶわけですね。

田口浩一部長

田口 私は今回の改革は高校と大学の高大接続の改革というよりも、高校、大学、社会の接続に向けた改革だと思っています。高校生は社会に出るところまでをイメージして大学を選び、大学で学ぶということです。

今の大学生は変化の狭間にいる

―― 新テストに変える理由は何でしょうか?

田口 今回の改革は大学入試だけでなく、高校教育と大学入試、大学教育の三位一体の改革です。では、なぜ改革をすることになったのかというと、社会から、特に経済界からの要請があったからです。こういう人材が必要だから教育を変えてくれということになった。ただ、教育というものは急には変えられないから、徐々に変えていかなければならない。現在がその変化の途中であり、今の大学生はその狭間にいると言えるでしょう。

アクティブ・ラーニングの公開授業

石原 これから10年も経てば、AI(人工知能)やロボットが人の仕事の一部をするようになります。単純作業のような仕事はロボットがやってくれるでしょう。日本の高度成長期を支えてきたのは、決まったことをより合理的に最短コースでやるという仕事の進め方でした。別解を考えるのではなく、最適解を見つけてまっすぐ進んで行けば良かった。ところが、今ではそういう仕事は機械に取って代われています。

 さらに、日本では人口が減っています。これからはさらに急激に減り、2040年を過ぎて1億人を割るようになったら大きく社会が変化します。これまで世界が経験したことのないような人口減少を日本が経験するのです。そうなると、今までの延長線上での物の考え方では立ち行かない。そこに危機感を持ったため、今回の高校教育、入試、大学教育の3つの教育改革が行われることになったのです。

高校教員向けアクティブ・ラーニング講座

ワークショップの様子

駿台も教育改革に備える

―― 入試が変わることに対して、駿台予備学校も変化しているのでしょうか?

田口 現在、文科省は学力の3要素として、以下の3つの要素を挙げています。

1)知識・技能の確実な習得
2)1)を基にした思考力、判断力、表現力
3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ力

 この3要素を高校教育で育成し、大学は3要素を評価して選抜します。何を学ぶか、だけではなく、どのように学ぶか、そして何ができるようになるかが問われるようになっています。

CBT(Computer-Based Testing)の様子

 これに合わせて、我々は「大学入試改革研究」として9つのプロジェクトを動かしています。例えば、英語4技能対策(Listening/Reading/Speaking/Writing)として、日本人が最も苦手とするSpeakingの強化をしています。帰国子女のOB・OGに来てもらって「バイリンガルインストラクター」として、英語で話す機会を提供しています。また、近い将来の入試で問われるであろう教科の垣根を飛び越えた問題に向けて、文理や教科の枠を超えた「理数探求」「情報読解」という問題を開発し、模試を実施しています。さらに、コンピューターによる出題・解答をするCBT対策や、高校教員向けにアクティブ・ラーニング研究会の開催もしています。

社会の変化に敏感に!

―― 今の大学生は社会からの要請で生まれた新しい教育を受けていません。でも、社会に出たら思考力、判断力、表現力、Speakingなどが求められる。これらの力を身に付けるために何をすればいいのでしょうか。

石原 思考力、判断力、表現力や多様な人々とのコミュニケーション能力で言われているのは、自分の意見をしっかりと言うということです。日本では不言実行や阿吽の呼吸、空気を読むという文化がありましたが、それが今のグローバル化では通用しない。

「第6回高大接続 教育改革シンポジウム」で講演する石原センター長

 今の大学生がやるべきことはとにかく予習をすることだと思います。日本の大学生はアメリカの大学生に比べて自習時間が圧倒的に少ないといわれています。事前にいろいろ調べて考えた上で授業に臨む。そして授業を聞いて質問をしたり、自分の考えを発言したりする訓練が必要でしょうね。自分の思考力を磨くことです。これからの50年は語学力もそうですが、思考力、判断力、表現力などの力がないと生き残れないということでしょう。

田口 今後、英語を使わないと進められない仕事の割合は相当増えるでしょうね。Speakingは度胸が大事ですから、どんどん英語を話す機会を作ることです。自分の意見を言う、相手の話を聞くなどコミュニケーション能力もより重要になってくる。大学ではディベートの練習をするのがいいでしょうね。そのためにも、新聞を読むなど社会の変化にも敏感であるべきです。

―― ありがとうございました。入試が変わることは大学生にとっても他人事ではないことが分かりました。