日本経済新聞 関連サイト

OK
liberal arts-大学生の常識

デジタル社会の光と影(23)「進化をはかる時計」を身につけよう
~非常識が常識化する日

小川和也 authored by 小川和也アントレプレナー、フューチャリスト
デジタル社会の光と影(23) 「進化をはかる時計」を身につけよう~非常識が常識化する日
撮影協力:大東文化大学

 「いつかそういう日も来るのだろう」が、「もうそんなことになっているのか」に変わる事象が今年はますます増えるはずだ。テクノロジーの進化が加速していて、予想以上に早く社会に激しい変化をもたらすからだ。

 テクノロジーには、指数関数的に発展する法則があると言われている。新たなテクノロジーが誕生すると、それが次の進化に活用される。進化の基盤となるテクノロジーのレベルが上がると、それらの掛け算で生み出されるもののレベルも飛躍的に上がる。アウトプットに至るまでの速度、効率、コストパフォーマンスなども指数関数的にグレードアップする。

 100年後の未来にまで思考を巡らせて拙書『デジタルは人間を奪うのか』を執筆していたのが4年ほど前になるが、その時点では夢物語に捉えられていた内容の多くが、あっという間に現実的なものとなった。1月5日から米ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市「CES」の主役は、本書でもメインテーマに据えた人工知能、ロボット、仮想現実、自動運転、IoT(モノのインターネット化)、ドローン等の先端技術である。昨年の「CES」と比較してもそれらの躍進が目覚ましく、まさに指数関数的な発展を示していた。

 かつては家電王国と呼ばれた日本も、東芝やシャープのように苦境に陥る企業が多い。それまでの成功体験にとらわれ、1990年代以降の社会の変化、テクノロジーの潮流を見誤ったことに起因している。それに伴い、全盛期は就職企業人気ランキングの上位に顔を並べていた大手家電メーカーも、人気圏外へと凋落した。過去の失敗を糧に、IoTに活路を見出し、新たなビジネスモデル作りにチャレンジしている家電メーカー各社がどのような未来を切りひらくのかは興味深い。

 仮想通貨も、今年はさらに存在感を増すだろう。ビットコインを筆頭に、イーサリアム、リップルなどの仮想通貨の流通量増加が止まらない。2016年10月から約3カ月でビットコインの価格が2倍になったと思えば急落したりと、大きな変動要素を抱えてはいるが、長い目で見て仮想通貨が貨幣経済の新しい仕組みとして定着する可能性は高い。三菱東京UFJ銀行のようなメガバンクまでもが、独自に開発している仮想通貨「MUFGコイン」を発行する予定であり、ちょっと前まで異物扱いされていたことが嘘のようだ。登場当初より、仮想通貨はあだ花ではなく、新たな貨幣経済の選択肢に育つと確信を持って述べて来たが、その考えに変わりはない。

仮想国家、仮想企業、ニューロ・チップ......

 この辺りまでのニューフェイスは、もはや常識の範疇である。今後、もっと非常識なことが"常識化"するだろう。拙書の中でも言及しているが、国土を持たない国家としてインターネットというインフラの上に存在する仮想国家、インターネット上で実現される企業活動を主とする仮想企業、複雑かつ巨大な人間の脳を構成する主役であるニューロンとニューロン間を結合するシナプスの機能などが搭載されたニューロ・チップ、脳とコンピュータを接続するBCI(ブレイン・コンピュータ・インターフェイス)、記憶の複製など、いまはまだ非常識なことの動向に注目している。

 新たなテクノロジーによって産業構造が劇的に変化する中で、職業選択の難しさを感じている学生は多い。目先の就職人気ランキングも、これまで以上に将来性を担保しなくなる。そこで、一つの尺度として持っておいた方が良いと思うのは「進化の時間軸」である。進化がいつどのように起こるのか、それをいち早く察知する力こそが、進路判断と自分磨きの道しるべとなる。

 社会学者のロバート・マートンは、「必要条件となる知識や道具が整ったときに、発見は事実上必然となる」と述べている。発見が必然となり、進化の必要性に迫られた時、産業構造はガラッと変わる。新しい技術やサービスを受け入れる市場が整わず、人々から正しい理解も得られないうちは、まだ夜明け前だ。

 つまり、イノベーションに環境が追いついておらず、ビジネス的な成功を成し遂げるにはハードルが高いタイミングである。イノベーターならば先陣を切って時代をリードするところだが、まずはアンテナを立ててこれから起こる変化を注視する。多くのイノベーターが必要な時代であり、個人的には誰もがイノベーターであることが望ましいとは思っているが、新しい技術や産業に本格的に参画するタイミングを見定めることも現実的には重要だろう。

 激動の時代においては、潮流を的確に捉え、変化に素早く対応する素養が求められる。「進化をはかる時計」を身につけよう。