日本経済新聞 関連サイト

OK
[ Information ]

社会人基礎力育成グランプリフィリピンで日本祭り、島で雇用創出
~28年度予選大会結果

社会人基礎力育成グランプリ フィリピンで日本祭り、島で雇用創出<br />~28年度予選大会結果

 大学生が「社会人基礎力」の伸びを競う「平成28年度 社会人基礎力育成グランプリ」の地区予選大会が2016年12月4日(日)、全国6会場で開催されました(東北地区のみ11月26日開催)。10回目を迎えた今年度は、全国56大学70チームが参加し、熱い発表が繰り広げられました。(協賛:日経カレッジカフェ)

 各予選会を勝ち抜いた代表8大学(関東、近畿地区は2大学)は、2017年2月20日(月)に開催される全国大会で日本一を競い合います。ここでは、拓殖大学文京キャンパスで開かれた関東地区予選大会の様子をご紹介します。

社会人基礎力とは?

 社会人基礎力とは、学問で得られる専門知識やスキル以外に、「職場や地域社会の中で多様な人々とともに仕事する上で必要な基礎的な能力」として経済産業省が提言した力です。「前に踏み出す力(アクション)」「考え抜く力(シンキング)」「チームで働く力(チームワーク)」の3つの能力があり、それぞれの能力は次の能力要素で構成されています。 【前に踏み出す力】=「主体性」「働きかけ力」「実行力」 【考え抜く力】=「課題発見力」「計画力」「創造力」 【チームで働く力】=「発信力」「傾聴力」「柔軟性」「情況把握力」「規律性」「ストレスコントロール力」

「社会人基礎力育成グランプリ」は、大学での授業や活動を通じて、学生の社会人基礎力の成長度合いを、学生たちの発表によって競う年に1度の大会。

 関東地区予選大会には、20大学24チームが参加、大学のゼミや授業での取り組みについて発表しました。大会は2つのグループに分かれて行われ、地区代表には横浜市立大学と拓殖大学商学部が選ばれました。

地区予選大会の様子

フィリピンの学生とぶつかり生まれた真の協働

 優秀賞1チ-ム目の横浜市立大学 国際総合科学部国際総合科学科経営科学系経営学コースの芦澤ゼミは、フィリピン人学生と協働して、現地の開催される日本祭りで、みたらし団子を販売した活動について発表しました。フィリピンのスラム街に拠点をおき、現地の貧困層出身の大学生とイベント出店までの道のりについて男子学生が語りました。

 初めて挑んだ昨年、一緒に準備をしていたフィリピンの学生が涙を流しながら「日本人から阻害されている」と訴えたのです。学生の一人は「日本人同士でやった方が早い、貧しい彼らには無理だと、無意識のうちに偏見や思い込みを持っていた」と振り返りました。

 そして2年目となる今年は、フィリピンの学生と自分たちがともに成長する「真の協働」を目標に掲げ、日本人だけに偏っていた業務担当や運営資金の出資額を同等にするなど体制を見直しました。日本人学生とフィリピン人学生が本音で向き合うコミュニケーションを経て、多様性のある組織が生まれました。そして、日本祭りでの活動も成功を収めることができたのです。

各地区では学生たちの熱いプレゼンが続いた

瀬戸内海の島で地方創生

 もう1チームの優秀賞となったのは拓殖大学商学部の潜道ゼミチーム。ゼミで学ぶ「共通価値の創造」(Creating Shared Value = CSV)を用いて挑戦した地方創生活動を発表しました。

 瀬戸内海に浮かぶ、広島県の三角島(みかどじま)は人口わずか25人、平均年齢75歳の離島です。豊かな自然に恵まれながらも高齢化が進むこの島を活性化させようと、島に本拠地に置く企業にCSV事業を提案。コミュニティースペースを備えた宿泊施設の創設に向けた活動を報告しました。現地調査や事業構想の考案を重ね、最終的には島での雇用の創出を目標にするなど、チーム一丸となって地方創生に取り組む姿勢が見られました。

決勝大会は2月20日

 決勝大会は2017年2月20日(月)に拓殖大学(東京・文京)で開催される予定です。全国から集まる大学生たちの活動を見てみましょう。各地区の代表校は次の通りです。
詳しくはこちらから


■各地区代表チーム
※( )内の数字は参加チーム数

北海道・東北地区(6)
 東北公益文科大学 観光まちづくりコース

関東地区(24)
 横浜市立大学 国際総合科学部国際総合科学科経営科学系経営学コース
 拓殖大学 商学部経営学科

中部地区(11)
 皇學館大学 現代日本社会学部

近畿地区(16)
 同志社大学 商学部商学科
 大阪工業大学 工学部機械工学科

中国・四国地区(5)
 松山大学 経営学部経営学科

九州・沖縄地区(8)
 福岡大学 経済学部ベンチャー起業論

東北公益文科大学チーム

横浜市立大学チーム

拓殖大学チーム

皇學館大学チーム

同志社大学チーム

大阪工業大学チーム

松山大学チーム

福岡大学チーム