日本経済新聞 関連サイト

OK
[ career-働き方 ]

効率良く業界・企業研究をしたい人に贈る
「学生のための業界ガイド2017」

効率良く業界・企業研究をしたい人に贈る「学生のための業界ガイド2017」

 いよいよ2018年就活。志望する業界・企業が決まっていない人や、興味のある業界・企業がたくさんある人にとって業界研究は「はじめの一歩」になります。ところが、選考試験対策や個別企業説明会などがあってなかなか業界研究にまで手が回らないという人も多いでしょう。

 日経カレッジカフェは、そんな忙しい就活生のために、業界の現状と課題が簡単に分かる「学生のための業界ガイド2017」を掲載しています。時間が足りないと嘆く前に、日経カレッジカフェで効率よく業界研究をしてはいかがでしょう。

なぜ業界研究が必要なのか?

 就職活動で本命企業から内定を得るためには、業界研究・企業研究が大事だといわれています。ところが、企業説明会などに参加しただけで企業を理解しただけで、採用選考のエントリーシートや面接で問われる「志望理由」をまとめている人を多く見かけます。ところが、企業研究だけでまとめた「志望理由」は内容が浅く、採用担当者を納得させられるほどレベルにはなっていないのです。

 なぜなら、業界全体の動きやライバル企業の動きを知らなければ、志望企業が「なぜその市場に進出しているのか」「なぜその製品・サービスを始めたのか」「なぜその分野に投資しているのか」といった背景の部分が見えないからです。これでは「木を見て森を見ず」と同じこと。業界という森の中で、企業=木がどう成長しようとしているのかを知る必要があるでしょう。

 企業研究の前には、「学生のための業界ガイド」で業界理解を深めてください。

【学生のための業界ガイド】
(1)航空会社 全日空・日本航空からLCCまで拡大続く
(2)百貨店~グループ化進む コト消費対応が課題
(3)石油会社 業界再編激化~JX・東燃の次は?
(4)電力・ガス会社 自由化でどう変わる?
(5)機械メーカー 海外と激しい競争、社会のインフラ支える
(6)酒類・飲料メーカー(上) 大型M&A、再編が相次ぐ
(7)酒類・飲料メーカー(下) 過酷な新製品サバイバル、海外進出も
(8)メガバンク~待遇は高め 国際競争が激しく
(9)地方銀行~相次ぐ再編、次はどこ?
(10)住宅メーカー~進む多角化、国際化にも取り組む
(11)旅行会社~ネット系急成長で変わる業界地図


◆「就活」関連記事はこちら>>