日本経済新聞 関連サイト

OK
liberal arts-大学生の常識

北方領土の問題 いつから?

北方領土の問題 いつから?

 昨年12月に安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領が会談しました。北方領土問題はこれからどうなるのでしょうか? イチ子お姉さんとからすけが話しています。

 イチ子お姉さん 去年の12月15日にロシアのプーチン大統領が来日して、安倍晋三首相と会談したわ。北方領土の4島での共同経済活動の検討を始めるそうよ。

 からすけ 日本の最北端は択捉(えとろふ)島で、日本固有の領土と学校で習ったよ。北方領土って、そもそもどういう経緯(い)で起きた問題なのかな。

第2次大戦後ロシア占拠

 イチ子 北方領土は北海道の東にある歯舞(はぼまい)群島、色丹(しこたん)島、国後(くなしり)島、択捉島のことで北方四島とも言うわ。面積は合計5000平方キロメートルを超(こ)え、福岡県よりも大きいの。ロシアが実効支配しているけど、日本政府は「日本固有の領土」と主張しているわ。

 からすけ 日本固有の領土ってどういうこと?

 イチ子 1855年に当時の江戸幕府とロシア帝(てい)国が日露(ろ)通好条約に調印したの。日ロ間の国境は択捉島と、その北東にあるウルップ島の間と確認したのよ。日本が第2次世界大戦で敗戦するまで、北方四島には約1万7千人が住んでいたわ。サケやタラ、カニなど水産業のほか、林業や鉱業も盛んだったの。

 からすけ 江戸時代まで遡(さかのぼ)るんだ。

 イチ子 1945年8月9日に今のロシアを含む当時のソビエト連邦(ぽう)(ソ連)が対日参戦し、日本の無条件降伏(ふく)後も侵攻(しんこう)を続けて北方四島を占(せん)領したの。48年までに日本人は強制退去させられて、今日までロシアの占領が続いているわ。ロシアは第2次大戦の結果として領有権を主張しているの。一方で日本は法的根拠(きょ)のない占領だとして返すよう求めてきたわ。

経済協力と引き換えに返還求める

 からすけ 戦後70年以上たっているけれど、交渉(しょう)は進まなかったの?

 イチ子 日本は51年にサンフランシスコ平和条約に調印して、千島列島と南樺太は日本のものでないと正式に放棄(き)したわ。同時に条約参加国は北方四島を日本の領土と認めたのよ。ただ当時のソ連は条約に参加していないの。56年に日ソ共同宣言(キーワード)でやっと国交を回復した。この時に、平和条約を結んだ後には歯舞群島と色丹島の2島を返すと約束したの。

<キーワード>
 日ソ共同宣言 日本と旧ソ連の戦争終結、国交回復を定めた外交文書。1956年に調印、日本の国際連合への加盟につながった。
 共同経済活動 北方四島で日ロ両政府や企業が連携して開発する共同事業。ロシアは日本の資本を呼び込んで地域発展を目指す狙い。

 からすけ ソ連はロシアになったけど、いまだに日本とは平和条約を結んでいないって先生が言ってた。

 イチ子 両国は折り合えず、交渉が進まなかったのよ。91年にはソ連の元首として初めてゴルバチョフ大統領が来日して、4島全てを解決するべきだと両国で確認したの。4島が日本に帰属するとソ連が認めれば、日本はいつどんな形で返すかは問わないという方針にしたのよ。ソ連崩壊(ほうかい)後の93年には4島の問題を法と正義にのっとって解決しようと示した「東京宣言」を両国が発表したわ。

 からすけ ロシア側が歩み寄った時代もあったんだね。

 イチ子 98年に日本は当面4島でのロシアの施(し)政権を認める提案をしたのよ。2001年には歯舞・色丹の2島から先に返すための協議をしようと提案したわ。06年には当時の麻生太郎外相がまず4島の面積を2等分して択捉島の一部までの返還(かん)を求める解決策に触(ふ)れたの。

 からすけ ロシアは世界最大の面積だから日本以外にも領土の問題があるのでは。他の国とはどう交渉したの?

 イチ子 中国とは2つの川が合流する国境地帯の領有権をめぐって、軍事衝突(しょうとつ)をした時期があったの。08年に大ウスリー島(黒瞎子島)の面積を2等分して共同で開発することで合意し、国境問題を決着させたのよ。ノルウェーとはバレンツ海域を2等分することで10年に合意したわ。

 からすけ 日本との交渉はどうなっているの?

 イチ子 他国との解決例を挙げて、プーチン大統領は13年に「引き分け」解決を探る方針を示したわ。16年5月には法的・歴史的な議論にとらわれない「新たなアプローチ」で交渉を進めることに安倍首相と合意したの。

 からすけ 12月の会談では何を話し合ったの?

 イチ子 4島での共同経済活動(キーワード)に関して話し合いを始めることで合意したわ。水産加工や観光、医療(りょう)などの分野を想定するようね。実現に向けて話し合うべき課題は多そうよ。中ロで共同開発するはずだった大ウスリー島はロシア側の開発が進んでいないの。

 からすけ 4島をいつ返すのかは、あまり前進していない気がするね。

 イチ子 日本は経済協力から安全保障での連携(けい)、そして平和条約を結んで領有権の交渉につなげていきたい考えよ。プーチン大統領は日本の経済協力を引き出した一方で、4島の主権を譲(ゆず)る考えはないという強硬(こう)な姿勢が目立ったわ。まだまだ解決は長引きそうね。

もとはアイヌ民族の居住地


灘中学校・高等学校の藪本勝治先生の話 北方四島は長くアイヌの人たちの居住地でした。江戸時代に日本の支配下に入りましたが、島名はアイヌ語からきており、ロシアでも同音の名で呼ばれています。アイヌ民族の文化では、自然は領有や収奪(だつ)の対象でなく、あがめ敬うべき信仰(こう)の対象。国境が時々の情勢で変動しても、土地は本来誰(だれ)のものでもない、という世界観です。
 しかしそのアイヌ民族もまた、異民族との交易や衝突(しょうとつ)を通して活動圏(けん)を変動させてきた人々でした。13世紀には樺太(からふと)の原住民を襲撃(しゅうげき)し、元王朝と40年にわたって戦っています。江戸時代の鎖(さ)国下でも清王朝と交易を続けました。独特な世界観は、多様な隣(りん)人との交流で育まれたのです。互いに利益を譲(ゆず)れない以上、領土問題は解決困難なもの。隣人との貴重な接点としてプラスにとらえ、交渉(しょう)を続けながら交流を深めていくのが建設的ではないでしょうか。

[NIKKEIプラス1 2017年1月7日付、日経電子版から転載]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>