日本経済新聞 関連サイト

OK
[ liberal arts-大学生の常識 ]

17年の農業、コメ補助金見直しの胎動

17年の農業、コメ補助金見直しの胎動

 2017年はコメの生産調整(減反)廃止を翌年に控え、その準備の年になる。減反面積の割り振りが約半世紀ぶりになくなることに目が行きがちだが、最大の焦点は別のところにある。零細な兼業農家が中心の農業構造を温存させてきたコメの補助金の見直しだ。その予兆はすでにある。

 減反は食生活の変化などを背景にしたコメ余りを受け、1970年に本格的に始まった。制度の中身は様々に変化してきたが、現在は国が秋に主食のコメの翌年の生産量を各都道府県に割り振り、市町村を通してそれを各農家に落とし込むという形で実施している。

減反せずとも需給調整する仕掛け

 18年をめどに、国は都道府県ごとにコメの生産量を配分するのをやめる。これが減反廃止の意味だが、それだけで稲作の姿が180度変わるわけではない。まず、国は配分をやめるが、農協やコメの集荷業者が「需要に応じた生産」を農家に求めることを認めている。自治体もそれに協力する。

 つまり、いまと比べて国の関与は弱まるが、コメが生産過剰にならないように現場で生産量をコントロールすることを前提にしている。実際には農協がその旗振り役になる可能性が大きい。

国は飼料米に転作した際の補助金でコメ余りの回避を試みている

 需要の見通しにもとづいて、民間が生産量を増減させるのは当然のことともいえるが、問題はそこに補助金が絡む点にある。主食のコメの量を減らすため、コメを家畜のエサに回したときに出す補助金だ。自民党が12年に政権に復帰した後、この補助金を拡充したことで飼料米の生産が急増し、15、16年と2年続けて減反を目標を超えて達成した。

 国が事細かく生産量を指示しなくても、補助金で誘導すればコメ余りを回避できるというのが農林水産省の思惑なのだろう。農水省は「需要に応じた生産」を掲げているが、補助金を使って需要をつくるようなやり方で、農家の経営力は高まるだろうか。

 実は17年度予算案を巡り、この点で財務省と農水省の間で静かな攻防があった。飼料米の補助金の支給基準を厳しくするよう財務省が主張したのだ。

 現行制度は主食のコメを平均的につくりさえすれば、基準となる補助金が出る。だが家畜のエサに必要なのは食味ではなく、生産効率の高さだ。実際、主食のコメの収量を大きく上回るエサ専用の品種が次々に開発されている。これを受け、財務省は基準収量を引き上げるべきだと訴えた。

 結果からみれば財務省の要求は通らず、17年もいままで通り飼料米に補助金を出す方向となった。いったん補助金をつくってしまえばそれが既得権益になり、見直しには相当な政治的なエネルギーが要る。今回は政治の後押しが完全に欠けていた。

 では減反補助金が微動だにしなかったのかといえば、必ずしもそうではない。減反は、コメ余りを防ぐために水田で他の作物をつくるのが制度の趣旨。飼料米はその一環だ。ところが実際に減反の対象になっている農地には、もはや田んぼとはいえないような場所がたくさんある。畦畔(けいはん)が崩れたり、用水路がなくなったりしているような「元・水田」だ。

平等な補助金支給、農業改革に逆風

 すでに水田の機能を果たせず、コメの増産につながる恐れがないなら本来、減反の対象にならないはずだ。だが典型的な既得権益となって補助金が出てきた。農政のタブーの1つだろう。そこに17年度からメスが入る。

現状の飼料米補助金の仕組みは将来の担い手への農地集約に逆風となる

 どんな状態になれば田んぼとはいえないのか、いくら基準をつくっても、補助金の支給停止を巡っては現場であつれきが起きるだろう。だがそれこそが改革に向けたはじめの一歩だ。その先に本丸である飼料米補助金が待つ。

 飼料米補助金の弊害は、単に減反廃止を形骸化させることにあるわけではない。もっと深刻なのは、零細な兼業農家が中心になっている稲作の構造変革を阻みかねない点だ。コシヒカリを平均的につくっても、補助金を受け取れるような甘い制度だからだ。

 日本の農家の約7割はコメをつくっており、稲作の課題は日本農業の構造問題でもある。その稲作でついに高齢の兼業農家の大量リタイアが始まり、将来の担い手への農地の集約が進みつつある。広くあまねく補助金を支給すれば、変革にとって逆風になる。

 今後の展開について楽観は禁物だが、希望がまったくないわけではない。最近、ベテランの自民党農林族や農協の上部団体の幹部からも「飼料米補助金を見直すべきだ」という声が漏れるようになった。既得権益の擁護者とみられがちな勢力でも、いまのままでは農業が立ちゆかないことを痛切に感じているのだ。17年はその覚悟が問われる年になる。
[日経電子版2017年1月9日付](編集委員 吉田忠則)

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>