日本経済新聞 関連サイト

OK
career-働き方

曽和利光の就活相談室就活面接、「ガクチカ」質問に
どう答えるか

authored by 曽和利光
曽和利光の就活相談室 就活面接、「ガクチカ」質問にどう答えるか

 就活生の皆さん、こんにちは。人材研究所(東京・港)の曽和利光です。今回日経電子版上に開設した「就活相談室」にたくさんの応募を頂きました。さっそく集まってくれた3人の就活生と模擬面接をしてみます。厳しくチェックしていきますよ。

今回の参加者
▽桝田敬太郎さん(中央大学法学部3年)
▽高橋隆一さん(慶応大学商学部3年)
▽石塚正樹さん(法政大学経営学部3年)

 ※希望する方の氏名を仮名にしてあります。

最も多い質問、「ガクチカ」

「学生時代に力を入れたことは?」――素人面接官の定番質問だ

――まずは、採用面接でいちばんよく聞かれている質問をします。学生時代に頑張ったこと、力を入れたことは何ですか、という、いわゆる「ガクチカ」ですね。桝田さん、いかがでしょう。

桝田さん はい。僕は学生時代には勉強会の主宰に力を入れました。

――勉強会とはどのようなものですか?

桝田さん 期末試験ごとに、僕の友人や知り合いに勉強を教えるんです。試験科目の勉強です。

――大学の試験の勉強ですか?

桝田さん はい。それを通じて、参加者に単位を取ってもらうのはもちろん、自ら主体的に学んだり講義に出席したりするような環境をつくりたいと考えて、力を入れていました。

 さて、ここまでで見てみましょう。「講義の単位を取るための勉強会を主宰した」ということを聞き出すために、3回もやりとりが必要になりました。面接官がそこまで聞いてくれなかったらどうなるでしょう。実は1次面接などの選考初期の面接官って、みな素人なんですよ。一般の新卒採用の内定率は平均すると1%前後といわれています。内定者が100人なら1万人受けるわけですね。それだけ面接をしようと思ったら、人事部の「プロ」だけではとても足りません。例えば営業課長といったような、現場の社員を駆り出すしかないですよね。そんな素人面接官の、ざっくりとした質問に対して、皆さんの側から必要なことをしっかり伝えていかねばならないわけです。

ディテールが足りない

――それでは次は高橋さん、いかがですか。

高橋さん 僕は常にしっかり目標を立てて、それを達成するということに力を入れてきました。具体的には、中学・高校の部活で取り組んだバスケットボールでは、チームプレーを頑張りました。僕はチームプレーがいちばん重要だと思っていますので、ミーティングでも何がダメだった、何がいいといった会話をみんなですることで、成果につなげようとしました。

――どんな会話をすると成果につながるんですか?

高橋さん あそこの動きがダメだったとか、じゃあこうすればいいんじゃないかとか、ベンチからの意見も交えて話し合うと、ここがダメだったとわかるんです。チームでそうやって話し合う姿勢をゼミなどでも生かそうと考えてきました。

 これはすべての就活生に共通の傾向なのですが、とにかく具体的なディテールが不足しています。私はよく「こそあど言葉に注意」と言っています。「あそこの動きがダメだと話し合った」といいましたが、面接官には通じません。「背の高いメンバーが少なく空中戦に弱いので、足元にパスを通すようにしようと話し合ったら、パスの成功率が上がって勝ち星に結びついた」――例えばこんな風に話さないと、何も言っていないのと同じことになってしまいます。

 特に1次面接の場合、面接官の質問にしっかり答えられればよい、と思っていると失敗するかもしれません。自己PRをして、もう少し突っ込んだやりとりを期待していると、「はい、ありがとうございました」で終わってしまったりもします。1人あたりの持ち時間はせいぜい10分か15分程度。その間に、面接官が突っ込みたくなるようなヒントもちりばめつつ、自分のいいたいことを伝えられるように、練習をしておく必要があります。

エピソードはいいけれど

おもしろいエピソードを披露する、それだけでは不十分

――続けます。石塚さん、アルバイトはどんなことをしていたんですか?

石塚さん コールセンターのアルバイトをしていました。時間貸しの駐車場のお問い合わせセンターです。

――そこで大変だったのはどんなことですか?

石塚さん 全国各地のお客様から電話がかかってきまして。対面ではないので、口調からどのぐらい焦っているのかとかを読み取るんです。そこで、高知県の方から電話があったときに、早口の方言で、ぜんぜんわからなくて苦労しました。

――桝田さんはどうですか?

桝田さん 父親の知り合いが経営しているフグ料理店で、飲み物をつくる係を3年間していました。

――それだけやっていれば、けっこう印象深い出来事もあったんじゃないですか?

桝田さん お客さんの中には、怒鳴ったりする人もいました。あまり筋の通っていない、いちゃもんのようなこともあって、自分はそういう人にはなりたくないなという、学びの機会になりました。とにかくいろんな人を見ました。

 さあ、どうでしょう。2人ともちょっと目立つ「おもしろいエピソード」を披露してくれましたね。これは具体的で良いです。ただ、果たしてそこに、2人の人となりは表れているでしょうか。2人とも、バイトで遭遇した事件を語っていますが、これにどう対応したかがわかりません。結局のところ、ガクチカという質問は、「あなたはどんな性格の人ですか」「どんな能力を持っている人ですか」と聞いているのと同義なのです。そう尋ねられていると考えて、人となりを適切に表すエピソードを選んで説明するように心がけてください。

その結果を導いた過程とは

――高橋さんはゼミではどんなことをしていたんですか?

高橋さん 企業倫理学のゼミで、CSR(企業の社会的責任)大会というコンテストに参加しました。CSRにつながる企画を考えて、企業に提案するんです。フィリピンで井戸を掘るという活動をしたんですが、機材を輸送する予算の確保が大変でした。そこで、リサイクル品の輸出会社に協力してもらい、古着などと一緒に無料で輸送してもらうというアイデアにたどり着きました。

――なるほど。石塚さんは学生時代にどんなことに力を入れましたか?

石塚さん 私がいちばん力を入れたのはサークル活動です。サイクリング同好会に所属して、長期休暇に日本各地を自転車で野宿旅をするという活動をしていました。そこで会長職を務めました。

――会長として取り組んだテーマを教えてください。

石塚さん 実は、自分が会長になる前の合宿で、参加者が大きな交通事故に遭ってしまいました。そこで、自分は会長として「事故ゼロ」という目標を掲げました。

――事故をなくすために、具体的にはどんなことに取り組んだんですか?

石塚さん 交通安全の担当を置きました。そして、普段のミーティングで、過去の事故を題材にして防止法をみんなで勉強して共有するという取り組みを始めました。

 これも就活生に共通の傾向があるのですが、とにかく斬新なアイデアを実行に移したらうまくいったという「結果」ばかり強調する。しかし、本当に大切なのは、なぜその解決法を思いつき、どういう検討を経て、最終的にその手段を採用するに至ったのか、というプロセスなのです。それを説明することで、面接官に筋道だった思考能力をアピールできるのですね。

 高橋さんのリサイクル品と一緒に機材を運んでもらうというアイデアには感心したのですが、自分が導き出したものなのか、もしそうならどうやってひねり出したのかを話してもらわないと、本人の人となりは測れません。石塚さんにも、なぜ交通安全の担当を置くという結論を出したのか、それがベストだとなぜ考えたのか、といったことを説明してほしかったですね。

 (1)とにかく具体的に(2)エピソードから人となりを示す(3)結果よりも過程を丁寧に――。今回の3人の面接から得られた教訓です。次回以降も就活生に登場してもらい、面接で陥りがちな落とし穴を探っていきます。

曽和利光さんから模擬面接による指導や、悩み相談を受けたい就活生の方は、こちらのフォームから氏名・メールアドレスなどの連絡先をお知らせください。リンク先に飛ばない場合はこちらのURLをコピーしてお使いください。https://esf.nikkei.co.jp/sowa_mensetsu//
曽和利光(そわ・としみつ) 1971年生まれ。 京都大学教育学部卒。リクルート人事部ゼネラルマネージャー、ライフネット生命総務部長などを経て2011年、主に新卒採用を対象にしたコンサルタント事業の人材研究所を設立。著書に「就活『後ろ倒し』の衝撃」(東洋経済新報社)、「『できる人事』と『ダメ人事』の習慣」(明日香出版社)などがある。

[日経電子版2017年1月18日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>