日本経済新聞 関連サイト

OK
liberal arts-大学生の常識

スイーツ大好き(3)バレンタイン直前! とっておきのチョコレート系コンビニスイーツ

authored by 大塚友紀菜日本大芸術学部3年生
スイーツ大好き(3) バレンタイン直前! とっておきのチョコレート系コンビニスイーツ

 こんにちは。日経カレッジカフェの学生ライター、大塚友紀菜です。まだまだマフラーを手放せない日々が続きますが、日照時間が伸びたおかげで、日差しを暖かく感じるようになりました。花粉症なんてワードも聞くようになってきましたね。

 そして2月14日はバレンタイン。日本の風習としてすっかり根付いて、街中はどこもかしこもチョコレートだらけです。みなさんも一度は胸を焦がすような経験があるのでは? 今回はバレンタインを前にコンビニチョコレートの試食を実施。4人の女子でバレンタインの思い出を語る「赤裸々女子会」となりました......。

今回取り上げるスイーツ

バレンタインのピークは中高生

 今回の試食会は、ピンクのラッピング袋をテーブルに敷き、かわいいハートをちりばめてプチパーティー風です。メンバーは私(3年生)を含め、猿橋茉莉子さん(3年生)、多田紗也香さん(2年生)、金子瑞生さん(2年生)。おのおののバレンタインでの思い出を語り合った結果、中高生の頃のほうが手作りチョコに力を入れていたことがわかりました。「大学は2月から春休みだから、大学生になるとバレンタインから解放されたよね」という本音さえ飛び出す状態。

 そんな辛口トークをしながら、あえてみんなで集まったときに食べたい、一人でまったりしたいときに食べたいコンビニチョコレートのスイーツを選びました。女子大生の甘くてほろ苦いコメントも必見です! それではどうぞ。

セブンイレブン「スプーンで食べるとろ生食感ショコラ」(税込み190円)

まるで飲める濃密チョコ

セブンイレブン「スプーンで食べるとろ生食感ショコラ」
プリンのような見た目ですがスプーンですくってみると、とろっとしたクリーム状でやわらかい。カカオの香りが口いっぱいに広がり、クーベルチュールチョコレートに牛乳と生クリームを混ぜ合わせたペーストが濃厚です。ほどよい苦みもあって、一個食べるだけでお腹にたまります。

 「食感が滑らかでおいしい! でも食べきれるかな」(金子さん)
「容器の底が深くて食べづらいかも」(多田さん)

 カカオと生クリームを摂取したいときにぜひ。クラッカーなど塩気のあるものを添えて食べるのもオススメです!

セブンイレブン「ちょこ和むれっとショコラベリー」(税込み160円)

もちもちの洋風どら焼き

セブンイレブン「ちょこ和むれっとショコラベリー」
パンケーキかと思いきや、生地は素朴な甘さでもっちりとした歯ごたえがあって驚きました。チョコホイップクリームと、ベリーソースの甘酸っぱさが相まって、こってりはほとんど感じません。ボリュームがあるのにも関わらず、あっという間に完食してしまいました。

 「名前にインパクトがあってひかれる」(金子さん)
「もちっとした生地が和ってことかな?」(猿橋さん)

 新感覚のどら焼きでした。お手ごろな値段なので、1人1個ずつ食べれちゃいます!

ファミリーマート「チョコマカロン」(税込み138円)

爽やかな味わい

ファミリーマート「チョコマカロン」
食べごたえのある大きな1個入りのマカロンです。周りのピエがサックリとしていて、チョコクリームとオレンジミンチの苦みのバランスが美味。オレンジは果肉も感じられ、さっぱりとしています。香りも上品で、大人っぽい気分を楽しめますよ。

 「良い紅茶をもらったときに食べたい!」金子さん
「マカロンにしてはサクサク感が足りないかも」猿橋さん

お茶請けに最適です。爽やかな甘みはリフレッシュにもなります!

ファミリーマート「くちどけなめらかショコラ」(税込み210円)

贅沢(ぜいたく)な生チョコレート

ファミリーマート「くちどけなめらかショコラ」
生チョコの中にホイップクリームを包んだ、2個入りの商品です。口溶けなめらかなチョコレートは舌の上に広がり、じんわりとろけます。周りにまぶしたココアの苦みが引き締め、チョコの甘みと絶妙な調和を奏でます。備え付けのフォークもポイント高いです!

 「クリームそのもので、舌に絡めつく感じ」(猿橋さん)
「2個で大満足! 生チョコの高級版みたい」(多田さん)

 ただしコーヒーや紅茶が必須です。ゆっくりくつろぎたいときにどうぞ。

ファミリーマート「ザッハトルテ」(税込み270円)

貫禄あるチョコレートの王様

ファミリーマート「ザッハトルテ」
つやつやの表面はチョコレートを混ぜ込んだ糖衣で、見栄えが美しいです。中はショコラ生地にチョコレートムースを重ね、あんず風味のソースによって後味がほんのりフルーティー。重厚感ある見た目に反し、ぺろりと食べられました。

 「ちょっと値段が高めかなあ」(金子さん)
「スポンジ部分が薄いのが気になる。もっとケーキ感があってもいいかも」(多田さん)

 良いことがあった日、元気を出したいときにオススメです!

ローソン「もち食感ロール(ベルギーチョコ入りクリーム)」(税込み295円)

定番はやっぱりこれ!

ローソン「もち食感ロール(ベルギーチョコ入りクリーム)」
6カットされたロールケーキ。もっちもち食感のココア生地が、ホイップクリームと合わせた濃厚なチョコクリームをふんだんに包み込んでいます。細かく砕いたチョコも入っているので食感にアクセントがあり、飽きのこない王道のおいしさです。

 「切ってあるからシェアしやすい!」(猿橋さん)
「食後に分け合ってもいいかもね」(金子さん)

 もち食感ロールは、季節によってイチゴやカフェオレなど様々な種類が販売されています。食べ比べてみて、自分のお気に入りを探してみてください!

 みなさん、どうでしたか? 新作のチョコレートのスイーツはどんどん発売されていきます。この記事を読んで「これぞ!」といったスイーツと出会えるきっかけになればうれしいです。

 コンビニスイーツで季節を感じるのも、また一つの楽しみ方。手作りチョコや高級チョコも魅力的ですが、たまにはコンビニの甘~いチョコスイーツに酔いしれちゃってください!

試食する多田さんと金子さん