日本経済新聞 関連サイト

OK
[ skill up-自己成長 ]

発信! 理系女子(12)男子にモテるって本当? 
「リケジョあるある」

authored by 東北大学サイエンス・エンジェル
発信! 理系女子(12) 男子にモテるって本当? <br />「リケジョあるある」

 初めまして。サイエンス・エンジェルの澁川友菜です。今回は、理学部の物理専攻という、いわゆる"理系女子=リケジョ"の5年目である私が、「リケジョあるある」を語っていきたいと思います!

 あくまでも私の経験を基にしているということをご理解の上お読みください。理系女子といえば「真面目そう...」と近寄りがたいイメージがあるかもしれませんが、本当は親しみやすい存在と思っていただけるかもしれません。7つのトピックをご紹介します。いくつ共感いただけるでしょうか?

1 実は「リケジョ」という名称に慣れていない

 女子校では理系に進むことは特別とは思わないので、私も含め、大学で理系の女子が珍しがられることにびっくりする人が多いようです。「理系の女子だけ呼び名がある」=「変わっている」と思われているのかなと感じることもあります。

実験がない日の女子会(左から2人目が筆者)

実験中の服装は機能性重視です(中央が筆者)

2 お会計がスムーズ

 飲み会などで男性は割り勘にこだわらずに大まかに払ってお会計すると聞きますが、女性はきっちり割り勘にしがちです。みんながあまり小銭を持っていない時も、理系の女友だちだと「Aがあと100円出してBから500円もらって~」「私お釣り出せるよ~」「一回これで店員さんに渡してお釣りの◯◯円をCとDで分けて~」などと進み、あっという間にすっきりと割り勘が済みます。これはお金管理が細かい女性+数字に強い理系の集団ならではかもしれません。

3 女の子らしさは学部別?

ニュートリノ測定実験の回路作業中

 これは私の実体験ですが、医療、生物、農学、化学、薬学、環境などが専門の女子学生は他の理系と雰囲気が違います。これは2つの説があるのですが、1つ目は生物・農学系は比較的女性の比率が高いからそう見えるという説。2つ目は生命を扱う分野は華やかな人が多くなる説です。ちなみに、物理学科では私も含め、高校時代は生物が苦手または履修していない人が多いです。

4 流行は関係なし!

 先日飲み会(物理の女子5人)で、2016年大ブームが起こった某アニメ映画の話になりました。「見た?」と聞くと全員口を揃えて「見てない」。流行っているかどうかではなく、自分の好きな映画を見るという姿勢に安心できます。

5 平日と休日で服も顔も違う

 会社員の方だと平日はオン(身だしなみを整えて出社)、休日はオフ(楽な格好でゆっくり過ごす)というパターンも多いのではないかと思います。が、私の研究室ではクリーンルームを使うときは顔には化粧水以外のものは一切つけられません。服装も機能性重視なので、理系女子は平日は実験のしやすいシンプルな格好、休日はメークとお洒落をして街に出かける、という生活になりがちです。またキャンパス内で友だちに会った時、もしお洒落をしていたら「今日は何か用事があるの?」「デート!?」と探りを入れられることもしばしばです。ちょっとスカートを履いただけなのに!

大学1年生のときから仲の良い学科の友人とシンガポールに旅行しました(右が筆者)

6 感情より論理を優先!?

 喧嘩した時も理系同士のカップルだとスムーズに解決する、というのはよく聞く話です。「女性は急に不機嫌になるけど理由を教えてくれない」と男性から聞きますが、理系女子は時系列で不満になった経緯を述べて、こうして欲しいと伝え、話し合って解決! というパターンが意外に多いようです。恋人の意見が真っ当で「確かに」と納得できれば素直に謝るという話をよく聞きます。(自分が悪くなかったら相手を言い負かすのでしょうか。。。)

7 ちやほやされるんでしょ?

 周りには男子だらけ。これはもうちやほやされるでしょう! と、よく聞かれます。答えるならば「そうでもない」です。気を遣ってもらえたり、名前を覚えてもらえやすいということはありますが(ありがたい限りです)、お姫様扱いをされることはありません。逆に私は、先生に褒められたときに「あの先生は女子に甘いからなー」と言われてしまい、頑張った結果のはずなのに自信をなくすこともありました。負けず嫌いな私はこういう経験もたくましくなる絶好の機会だと思っていますが。

 「あるある~」はあったでしょうか? あくまで筆者の個人的な体験談ですが、いろんな人がいるんだなと楽しんでいただけたら嬉しいです。
(澁川友菜)

物理学科の研究室では確かに女子の数は少ないですが、男女関係なく良い仲間たちです!(卒業式で、右から2人目が筆者)

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>