日本経済新聞 関連サイト

OK
[ career-働き方 ]

曽和利光の就活相談室 攻めの就活で「学歴フィルター」を
蹴散らそう

authored by 曽和利光
曽和利光の就活相談室  攻めの就活で「学歴フィルター」を蹴散らそう

 就活生の皆さん、こんにちは。人材研究所(東京・港)の曽和利光です。大学の期末試験も一段落し、皆さんの多くは、いよいよ「就活モード」に入るころでしょう。「就活相談室」では、皆さんが抱えている疑問や悩みに答えるQ&Aコーナーも設けています。前回の模擬面接に集まってくれた3人の就活生からも、いろんな疑問が飛び出してきました。一つずつ、お答えしていきましょう。

 <前回記事「面接、『ガクチカ』質問にどう答える?」>

前回から引き続いての参加者
▽桝田敬太郎さん(中央大学法学部3年)
▽高橋隆一さん(慶応大学商学部3年)
▽石塚正樹さん(法政大学経営学部3年)

 ※希望する方の氏名を仮名にしてあります。

桝田さん 私の第1志望はかなりの人気企業です。東京大学の運動部の主将だとか、学生時代の華々しい実績をひっさげたライバルがかなり多いと思います。そんな人たちの中で、どう立ち回ればいいのか、すごく不安です。チャンスはないのでしょうか。

企業と「顔の見える関係」を

今は学歴差別のような、大学名のみによる選別はあり得ない。ただ…

 気持ちはよく分かります。「学歴フィルター」という言葉があったように、かつては大学名で説明会の参加を制限したり、面接で不合格にしたりするような選考も存在しましたが、今ではそんな学歴差別のような、大学名のみによる選別はあり得ません。戦う前から勝負が決まっているなんてことはないといえますね。

 ただし、企業の側から学生にアプローチする場合、大学名で絞り込むことはある程度避けられません。例えばダイレクトメールを送る場合、就活生全員を対象にしたら、お金がいくらあっても足りないですよね。必然的に、これまでの採用実績などからみてアプローチの効率がよさそうな大学の学生に、重点的に接触することになるわけです。ジーッと座って接触を待つような受け身の就活をしていると、こうした企業側の網から漏れてしまいがちです。今年の就活は全体的にみれば学生有利の「売り手市場」ですが、そこで安心して「待ちの就活」をしてしまうと、落とし穴にはまるかもしれません。

桝田さん 自分から動いていけということですか。

 そうです。「攻めの就活」をすればよいのです。OB訪問をするなりして、とにかく企業側に桝田さんという人物を認識してもらうことです。つまり、「顔の見える関係」を企業側と作ればいいということです。いま私は桝田さんと面と向かって話していますよね。こうやって顔が見えれば、大学名という情報なんかより、この場で得られる情報のほうが圧倒的に強いんですよ。

 インターンシップに参加するのもいいですね。ただ、インターンはもろ刃の剣です。企業側も、優秀な学生を見極めて選考につなげたいという思いは持っていますので、うまくアピールできれば有利になります。一方で、ダメだと判断されてしまう可能性もあるわけです。それでも、ダメとされたところで、「うちにはこの学生は合わない」としっかり見極められた結果なら、それはそれで悪くないと思います。自分に合わない会社に入ることのほうがあとあと不幸ですから。

高橋さん 面接官の採点が、服装や身だしなみによって変わることはありますか。

没個性?気にしない

「リクルートスーツを画一的で個性がないなどと批判する人もいるが、気にしないこと」と曽和さん

 無難なリクルートスーツ姿ではなく、しっかりおしゃれをしていったほうが印象もよくなるかもしれない、ということでしょうか。確かに、だらしない格好は論外です。面接は自己アピールの場ですから、そこでだらしない自分をアピールしても何の得にもなりません。ただ、だからといってリクルートスーツより一段上のおしゃれが必要かというと、そんなことはないといえます。

高橋さん 個性的でないと、マイナス評価されないでしょうか。

 リクルートスーツを画一的で個性がないなどと批判する人もいますが、気にしないことです。何より、「面接にはこれ」と決めていたほうが、わざわざ毎回服装を選ぶ面倒がなくていいですよ。フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏は、その面倒を嫌って、いつでも同じ格好です。アップルの故スティーブ・ジョブズ氏もそうでしたね。高橋さんも同じ考え方でいいと思います。

 そもそも、面接でおしゃれをアピールする必要がどこまであるのでしょう。多くの会社は、「社会人予備軍として一人前といえるか」といったレベルでしか、服装には注目していません。堂々と一人前にリクルートスーツを着こなして、面接に参加してください。

 ただし、一部には、面接でファッションセンスをアピールすることがプラスになる会社もあります。アパレルなどファッション業界の企業や、小売業界でも美意識を大切にしている外資系企業なんかは典型的です。そんな企業の採用を手伝ったこともあるのですが、やはり服装の雰囲気なんてものも、面接でのチェック項目に含まれていました。仮にリクルートスーツで面接に臨むにしても、ネクタイなどワンポイントには気を使ったほうがよいでしょうね。

石塚さん さっきOB訪問の話がありました。自分はまだ志望業界を絞り込めていないので、どのOBを尋ねたらいいのかもよくわかりません。OB訪問は何のためにすればいいんでしょうか。その企業や業界をよく知るために、と思っているのですが。

OB訪問の目的は自己分析

 確かに、仕事の内容や会社の方針について説明してもらい、業界についての理解も深めるというのも、OB訪問の目的の一つです。しかし、業界分析の前に必要な「自己分析」にも、OB訪問は有効なのです。自分の強みを見定めるには、他者からフィードバックをしてもらう方法がもっとも効果的だからです。

 自分が強みだと思っていることが、本当に社会で、その業界で強みなのかどうか、自分ではわかりにくいものです。例えば商社に興味があるなら、商社の人の目からみて自分のどこが商社に向いているのか、またはいないのか。商社に限らず、いろんな業界の先輩に会って、判断の手掛かりをもらってください。

 業界分析などと構えずに、相談するぐらいの気軽なノリでよいのです。サークルなどで付き合いの深かった先輩なら、「うちの業界はおまえには向いていないかもしれないよ」「こっちの業界のほうがぴったりなんじゃないか」などと、正直に教えてくれると思います。名前しか知らないような先輩よりも、できれば石塚さんの人物像をよくわかっている先輩に会いにいくことをお勧めします。

 あえて言うなら、相談するのにもっとも適しているのは、人材、広告、金融、マスコミ、コンサルティングといった業界の先輩です。彼らは仕事柄、いろんな業界の人と付き合いがあり、業界を比較する視点を持ちやすいからです。

石塚さん もう一つ、今の自己分析についてなんですが、分析すればするほど、いろんな自分の人物像が見えてきて、どれを押し出して就活に臨めばいいのかわからなくなってしまって......。

役割の中でどう振る舞うか

 なるほど。確かにそういうこともあるでしょうね。日本人は欧米人に比べて、アイデンティティーが不明瞭だと、よく指摘されます。でも、それは裏返せば、役割に応じて自分を変えて、周りに合わせるということです。協調性が高いということでもあるので、別に確固たる自分を持っていないから悪いわけではないと思います。たとえば親に対しての自分、友達、彼女、後輩の対しての自分、みんな同じですか?

石塚さん たしかに、それぞれ違いますね。

 我慢強かったり、世話好きだったり、慎重だったり、そうしたいろんな人物像の中に、就活で押し出すべき人物像があるはずです。たとえば、さきほど「役割に応じて変わる」といいましたが、何かの役割を与えられたとき、あなたがどう振る舞ったかを思い出して下さい。それが不本意な役割だったとしても、しっかりやったのだとすれば、それが押し出すべき人物像です。なぜなら、社会人になれば、職場での責任も義務も生じます。その役割を演じることがあなたの会社人生で求められる人物像だからです。

曽和利光さんから模擬面接による指導や、悩み相談を受けたい就活生の方は、こちらのフォームから氏名・メールアドレスなどの連絡先をお知らせください。リンク先に飛ばない場合はこちらのURLをコピーしてお使いください。https://esf.nikkei.co.jp/sowa_mensetsu//
曽和利光(そわ・としみつ) 1971年生まれ。 京都大学教育学部卒。リクルート人事部ゼネラルマネージャー、ライフネット生命総務部長などを経て2011年、主に新卒採用を対象にしたコンサルタント事業の人材研究所を設立。著書に「就活『後ろ倒し』の衝撃」(東洋経済新報社)、「『できる人事』と『ダメ人事』の習慣」(明日香出版社)などがある。

[日経電子版2017年2月1日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>