日本経済新聞 関連サイト

OK
[ skill up-自己成長 ]

社会人基礎力育成GP28年度決勝(4)皇學館大学チーム
伊勢志摩の魅力を映像で発信

社会人基礎力育成GP28年度決勝(4) 皇學館大学チーム伊勢志摩の魅力を映像で発信

コミュニティチャンネルのレギュラー番組を制作

 皇學館大学大学生テレビ局は、学生が地域を見つめ、その魅力を発信するドキュメンタリー番組や地域のキーマンに社会人の心得を聞く対談インタビュー番組、学内外のイベント伝えるニュース番組などを制作しています。昨今、学生による映像制作は多くの大学が取り組んでいますが、プロのプロデューサーの指導の下、地域住民が視聴する機会の多いコミュニティチャンネルのレギュラー番組「皇學館大学TV」として毎月放送されているものは全国的に見てもあまり例がありません。

 大学のある三重県の伊勢志摩地域の魅力を学生の目線で取り上げ、発信することをテーマにしており、毎月のドキュメンタリー番組を中心に伊勢志摩の魅力を映像としてまとめ、70以上の作品を制作し、地域に発信してきました。

 私たちのフィールドである伊勢志摩は、伊勢神宮を中心に歴史・伝統・文化・自然・産業等において、豊富な資源を有しており、2016年5月には主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の会場ともなり、世界中から注目を集める地域となっています。私たち、学生が地域と関わる映像制作を通して、自分たちの人生を豊かにし、他の学生や、社会で活躍する人々とのコミュニケーションを取りながら、地域社会に貢献できる能力を身につけることがこの取組の最大の目的です。

 得意分野を活かす、または見つける「自己実現の場」であること、活動のなかで、自らが課題と感じた困難を「乗り越える力」を養うこと、所属する一人ひとりが「地域社会や組織に貢献できる人材」となることの3つの目標のもと、日々、活動に邁進しています。

視聴者は30万人近く

 私たちの制作してきた番組の数はドキュメンタリー番組35作、インタビュー番組16作、ニュース番組14作、その他地域の団体から制作を委託されたドラマや紀行番組、PV、CM、自治体の行政チャンネルなどを20作近くあり、多種多様な映像の形として地域に貢献してきました。

 私たちの番組はケーブルテレビのレギュラー番組として毎月必ず三重県の3/5のエリアと愛知県の一部の地域で放送されます。30万人近い視聴者に受け入れてもらうことができなければ、すぐに打ち切りとなってしまうため、社会人基礎力はもちろんのこと、最後までやり抜く使命感や責任感が必要となります。

 こうした活動を3年間続けていることで、今や地域の方々からの映像制作の依頼が来るなどして地域の人たちに受け入れられています。特にドキュメンタリー番組は日本最大のケーブルテレビ局であるJ:COM(全国1,353万世帯が視聴可能)で放送された学生作品として最も多く、他の大学を寄せ付けない圧倒的な数で初出品以来3年連続首位を守り続けています。このことから、私たちの番組が単なる学生が制作した番組ではなく、全国に放送するに足る基準に達した作品であると言えると考えます。こうした番組のほとんどは皇學館大学のHPまたは皇學館大学のYouTube公式アカウントで見ることが出来ます。是非御覧ください。

皇學館大学-大学生テレビ局
皇學館大学-大学生テレビ局 番組アーカイブ

学生ディレクターが目標

 番組の制作は月ごとに担当の学生(学生ディレクター)を決め、その学生を中心に制作を行います。学生ディレクターは自身が感じた伊勢志摩の魅力を映像として表現するために学生ディレクター以外の学生の協力のもと制作を進めていきます。

 私たちにとって、学生ディレクターを任されるということは1つの目標でもあります。初めは先輩の補助として番組に関わり、技術を磨き、その中で自分の企画を会議で提出し、プロデューサーや指導教員に番組として適切かどうかを判断いただき、審査に合格した提案のみが晴れて自分の企画した番組として制作することができます。

 取材相手への交渉や、必要な映像を撮りに行く前の下見、自分や取材先、他の学生のスケジュールを照らし合わせて綿密な撮影計画をつくります。撮影の前には、どのような映像やインタビューが必要かを考え、途中では、何が足りないのかを確認し、他の学生も協力しながら制作を進めていきます。

 また、毎週の会議で全員に経過報告をし、そこで客観的な意見などを聞きます。制作が滞った場合は指導していただいているプロデューサーの助言を受けますが、基本的に全て学生が行います。このように学生ディレクターにかかる責任は大きいものですが、反面、学生の目線、学生の知識、スキルで作られた番組を制作することが出来、完成したときの達成感や喜びは計り知れません。

 大学生テレビ局はまだ始まってから、3年ですが、これからもますます、地域を幸せにする番組づくりを通して、地域に貢献し、地域に貢献できる人材を育成する場として成長していきます。