日本経済新聞 関連サイト

OK
[ career-働き方 ]

ホンダと提携、
ケイレツ揺さぶる「日立自動車」

ホンダと提携、ケイレツ揺さぶる「日立自動車」
左は日立、右はホンダの本社

 日立製作所とホンダは2月7日、電気自動車(EV)などに使うモーター事業で提携すると発表した。ホンダにはEV分野の巻き返しの一歩になる。一方、日立にとっては、自動車ビジネスの拡大につなげるビッグチャンスだ。自動車産業をエレクトロニクス技術で支える「日立自動車」が動き出した。

「モーターなら日立」

 両社のプレスリリースによると、日立グループで自動車事業を担う日立オートモティブシステムズとホンダが電動車両用モーターの開発・製造・販売会社を7月に共同出資で設立する。資本金は50億円。日立オートモティブシステムズが51%、ホンダが49%出資する。

 新会社は「米国と中国にモーターの製造と販売を行う子会社の設立を計画している」という。決してホンダだけに供給するわけではない。「ホンダを含めた自動車メーカー各社からの需要に広く応える」としており、モーター事業を世界規模で育てる野心が垣間見える。

 新会社を引っ張る日立が電動車両用モーターを市場に投入したのは、1999年。20年足らずの短い歴史しかないように思えるが、実は違う。モーターは日立の祖業であり、伝統的に強い分野だからだ。

 日立の強みは回す技術、つまりモーターの技術力にある――。電機業界には、こんな定説がある。日立の歴史は1910年、創業者の小平浪平が国産初の5馬力誘導電動機(モーター)を完成させた時から始まっている。家電量販店では、店員が「日立はモーターがいいんです。洗濯機なら長持ちしますよ」と売り込むことがしばしばだ。

ホンダの計算

記者会見で握手するホンダの八郷社長(右)と日立オートモティブシステムズの関社長(2月7日午後、東京都港区)

 EVなどに使う高性能モーターの技術でも、日立製品は定評がある。米ゼネラル・モーターズ(GM)など世界の自動車大手の間でも、「モーターなら日立を使いたい」と話す技術担当幹部も多かった。

 高性能モーターを自前で考えるより、日立の技術を使った方がEVなどの開発スピードが上がるだろう。そんな判断をホンダが下してもおかしくはない。

 ホンダはかつて「自前技術にこだわる孤高の存在」と言われたが、多種多様な技術を自社だけでこなすことは限界だ。米テスラをはじめ、日米欧のライバルたちがこぞってEVに本腰を入れる中、ホンダに残された時間はさほどない。自前主義にこだわらず、日立と組むのは正解といえる。

 その日立の自動車事業は売上高が2017年3月期で前期比3%減の9700億円、EBIT(利払い前・税引き前利益)は11%増の600億円の見通し。急成長しているわけではないが、みくびることはできない。

AIからIoTまで

 モーターなど駆動系部品から走行制御部品、車載情報システム、そしてリチウムイオン電池......。日立は、これからの自動車技術をほぼ網羅しているのだ。そして、日立グループ全体の姿を眺めれば、人工知能(AI)、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の技術も育てている。

 EVや燃料電池車(FCV)などクルマそのものの技術だけではない。「自動運転の時代」にも使える多種多様な将来技術を抱えている点で、日立は今までの自動車部品メーカーと違う。それが日立の強みであり、自動車メーカーにとって日立と手を組むメリットになる。

 自動車メーカーと部品メーカーの関係は大きく変貌しようとしている。欧州のボッシュやコンチネンタルなど技術力に優れ、事業規模も大きい「メガサプライヤー」が台頭しているだけではない。次世代技術の行方を考えながら、各社が次の一手を打っているのだ。

 日産自動車は昨年11月、系列最大の自動車部品メーカー、カルソニックカンセイを米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に売却すると正式決定した。しかし、カルロス・ゴーン社長は、やみくもに「系列解体」の大ナタをふるっているわけではないだろう。

変貌していく「ケイレツ」

 カルソニックカンセイの強みは熱交換器や排気部品など。つまり、今までの延長線上にある技術である。日産は自動運転の時代に備えるため、成熟しつつある技術より、IT(情報技術)がからむ新しい技術に目配りしているのではないか。

 トヨタ自動車は米国のシリコンバレーにAIの研究開発子会社を設け、著名研究者をスカウトしている。欧米勢も米国西海岸のベンチャー企業と提携することが当たり前になっている。自動車産業で新技術を介したネットワークが築かれようとしているのだ。

 EVから自動運転まで。次のクルマ社会を見すえたとき、日立にも足りない技術はいくらでもあるのだろうが、日本の製造業の中で先頭集団にいることは事実だ。日立自動車がうなりを上げて成長するほど、20世紀に生まれた「ケイレツ」の変貌が進む。(武類雅典)[日経電子版2017年2月7日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>