日本経済新聞 関連サイト

OK
skill up-自己成長

やる気スイッチを入れよう(25)「ES書かなきゃ」と思いながら
ついダラダラしてしまうとき

菊入みゆき authored by 菊入みゆき明星大学特任教授、JTBコミュニケーションデザイン
ワーク・モチベーション研究所長
やる気スイッチを入れよう(25) 「ES書かなきゃ」と思いながらついダラダラしてしまうとき

 「あー、ES書かなきゃ」と思いながら、ゲームをしてしまう。だらだらスマホをいじってしまう。特に、エントリーシートを書きなれていない段階では、「むずかしい」「めんどくさい」と感じ、つい逃げてしまいます。

 今回は、やる気スイッチをいれるための、基本中の基本を説明します。

やらなきゃいけないのにやれないとき

 「スマホが手のひらに吸い付いて離れない」「気持ちが、どうしても就活を避けてしまう」

 こんなときは、まず体にスイッチを入れましょう。とりあえず、スマホを置いて、両手でグーパーグーパーをしてください。次に、肩をグルグルまわします。そして、立ち上がりましょう。その場で足踏みをしたり、走るときのように腕を前後に振ってみます。

 グーにした手を、上に突き上げ、「さあ、やるぞ」などの掛け声をかけてください。ばかばかしいと思うかもしれませんが、体とやる気は、強いつながりがあります。体を動かすことで、やる気にもスイッチが入ります。

5分間だけやる

 スマホのタイマー機能で、5分後にアラームが鳴るようにセットします。5分間だけESを書きましょう。5分たったら、やめます。

 やりたくないことというのは、手を付ける前は、そのむずかしさやめんどくささが巨大に感じられます。巨大さを、いったん自分の中で、小さくしてしまうのです。「5分間だけなら、やってみるか」という気持ちになります。

 これは、エレファントメソッドと言われる手法です。一度には処理しきれない大きな象も、小さく切り分ければ対処できる、というもの。さらにモチベーション(やる気)の観点から言えば、例え5分でも行動を起こせば、なんらかの結果が出ます。結果とは、例えば、「それほどむずかしくないな」という発見や、「最初の2行が書けた」という成果です。その結果が次のやる気を引き起こします。

目標とごほうび

 最初の行動が起こせたら、今度は、その行動を継続させる必要があります。一定の時間、集中してやるために、目標とごほうびを決めましょう。

 目標の立て方には、コツがあります。始めと終わりの時間、そして何をやるかを具体的に決めるのです。例えば、「今日の午後1時から4時までの3時間を使って、●●社のESを完成させて送信する」などです。 「今日中に」とか「今日の午後」ではなく、時間を入れましょう。「今日の午後」と考えてしまうと、一日の半分、つまり12時間くらいあるような錯覚を起こします。しかし、実際に使える時間は3~4時間です。

 内容も、「ESを書く」ではなく、どこの会社のESか、下書きを書くのか完成させるのか、送信するところまでやるのか、を決めておきましょう。

 目標を達成したときのごほうびも、考えておきましょう。ごほうびの設定は、2つあります。1つは、「好きなゲームを30分やる」とか、「スイーツを食べる」などの「お楽しみ系」です。もう1つは、達成感や自分に対する自信などの「気分系」です。目標を決めた時に、「これができたら、すごい達成感があって、いい気分になるだろう」とイメージしておくのです。

 ごほうびは、インセンティブともいわれ、やる気アップに効果があります。

やったことを見える化する

 やる気をアップさせるためには、今自分がどこまでやったのかが、目に見えてわかることが重要です。

 就職活動でやったことを「見える化」しましょう。例えば、次のようなグラフを作って、★印を書きこんでいくという方法があります。シールを貼ったりするのもいいでしょう。

 希望する会社に対する活動が、どれだけ進んだか、最終目標である「内定」にどれだけ近づいたかが、パッと感覚的にわかります。

 もっとシンプルな方法は、就活日記をつけることです。

 記入の量が、自分がどれだけ行動したり考えたりしたかの目安になり、やる気アップに役立ちます。また、感想や反省を書いておくと、その後の活動の参考にもなります。

 やる気スイッチが入れば、就職活動は進みます。また、「自分のやる気をコントロールできた」という感覚自体が、自信につながります。やる気の基本をマスターして、自分で自分のスイッチを入れましょう。

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>