日本経済新聞 関連サイト

OK
[ career-働き方 ]

曽和利光の就活相談室学生時代の活動、
「立派」じゃないとだめ?

authored by 曽和利光
曽和利光の就活相談室 学生時代の活動、「立派」じゃないとだめ?

 就活生の皆さん、こんにちは。人材研究所(東京・港)の曽和利光です。面接では、学生時代の活動について必ず聞かれると思います。「人に自慢できるようなサークルやゼミじゃなかったらどうしたらいいか」。「就活相談室」に集まってくれた3人からの疑問に答えていきます。

前回から引き続いての参加者
▽大杉佳代さん(関西大学化学生命工学部3年)
▽鬼崎未羽さん(東洋大学経営学部3年)
▽日下太郎さん(早稲田大学商学部3年)

誇れる活動?

鬼崎さん エントリーシートにクラブやサークルについて書く欄がありますけど、やっぱり埋めた方がいいんでしょうか。私は地方出身者限定の、みんなでわいわい楽しむようなサークルに所属しています。あまり活動実績を誇れるような感じでもないので、書いても得にならないんじゃないかなと。

サークルやゼミなど、学生時代の活動を聞かれることは多い(就活生の質問に答える曽和さん)

 へえー...面白いですね。ちょっと不思議で、詳しく聞いてみたい感じがします。書いてマイナスなことはないし、むしろ話のネタになるんじゃないでしょうか。もしかして、例えばESS(英語研究会)だのボランティアサークルだの、あるいは新入生の歓迎会を仕切るイベントサークルといったような「立派な」活動でないと、書くに値しないと思いますか?

 立派なサークルだとマルで、遊びのサークルだとバツだなんて、そんな落とし穴は仕掛けませんよ。人事担当者が問いたいのは、「何を頑張りましたか」ということなわけです。「これに積極的に関わりました」と鬼崎さんがいえることならば、何を書いてもいいのです。逆に、「頑張ったこと」を期待されているところに、大して積極的でもなかったことを書くと、何だ、この人の頑張りはこの程度か、と誤解されてしまう可能性はあるので、注意が必要だとは思います。

日下さん 僕も似たような疑問があります。専攻を書く欄もあると思いますが、ゼミに入っていないので専攻がないんです。どう対処したらいいでしょうか。

 これも「ゼミに入っていないからバツ」などということはありませんよ。アルバイトでもサークルでも、別のところで日下さんの頑張りや人となりをアピールしてもらえればよいのです。でも、ゼミに所属している人の方が多いわけですよね。なぜ入っていないんですか?

逆質問の意図とは

日下さん ぜひ所属したいと思っていたゼミの選考で落ちてしまったんです。他のところはあまり入りたいとも感じなくて、そんな気持ちで所属してもあまり得るものはないだろうと......。

 立派な理由です。むしろ周りに流されない感じもして、好印象ですらありますね。「多数派ではない」こと自体は、別に何の問題もないのです。ただ、少数派の道を選んだならば、絶対にその理由を問われますので、ちゃんと説明できるように準備しておいた方がいいと思います。

日下さん 面接の最後に「何か聞きたいことはありますか?」という逆質問がありますよね。志望動機をしっかり持って、企業研究も重ねた上で受けないと、そこで大した質問もできなくて、それが原因で落とされたりしませんか?

逆質問にひるむことはない、と曽和さん

 逆質問の意図が何か、という問題ですよね。これは第一には、学生へのサービスです。各社とも面接官用のマニュアルに「就活生は将来のお客様になるかもしれないので、むげに扱うことのないように」と盛り込んでいるケースが多いのです。質問するだけして、はいおしまい、では「むげに扱う」ことになりかねないので、学生側からの質問の機会も設ける、というわけです。志望動機や企業研究がしっかりしているかチェックする、という目的は、大して重視していないはずです。

 優秀な学生は引く手あまたなので、企業1社1社に対する志望度は相対的に低くなるものです。そこで、志望動機がしっかりしていないからバツ、などとやっていては、優秀な学生をむざむざ逃すわけですから、そんな対応はあり得ないと思います。「ここまで御社のことを研究しているから、こんな細かいことも質問するんだぞ」みたいな力の入れようは、ほとんど意味がないということです。ただし、あまりに何もわかっていないような質問をするのは、失礼にあたるとはいえます。

絞り込むのはまだ早い

鬼崎さん エントリーをすごいたくさんしてしまって。ナビサイトで登録できるようになって、とにかく動かなければいけないと思って不安になって、100社ぐらいしているんです。数を絞って、しっかり企業研究をすべきだ、っていうアドバイスも耳にして、やり過ぎたんじゃないかと逆に不安なんですが......。

 確認ですが、その「エントリー」というのは、説明会の案内が送られてくるように登録するという、プレエントリーのことですよね?......はい。それならば、数は絶対に多いほうがいいと断言できます。以前には、就職情報サイト、いわゆるナビサイト経由でたくさん登録することについて、そんなに登録してどうする、もっとしっかり企業研究をしろ、と批判されたこともありました。でもその批判は、説明会へのエントリーとプレエントリーを混同しているんですよ。

鬼崎さん 周りのみんなに「え?100社も!?」って驚かれたので、やっぱり100社は多すぎるんじゃないかと思ってしまいました。

 プレエントリーは、いわば企業案内のパンフレットを集めるのと似たようなものです。少しでも興味があると感じた企業に対しては、どんどん登録したらよいのです。10社や20社だけ登録というのは、決め打ちがすぎる気がします。かといって絶対に100社登録すべきだとも思いませんが、登録しておかなければ、いざ説明会に参加したくとも案内もしてもらえませんからね。案内メールがいっぱい届いて目を通すのが大変だ、というマイナス面はあるかもしれませんが、逆にいえばマイナスといってもそれぐらいです。

 ただ、多すぎて深く企業研究をできないまま、どの企業がいいのか選ばなければならないとなると、もしかすると自分にマッチしていない企業をうっかり選んでしまうかもしれませんよね。説明会に参加するぐらいのタイミングで、実際に選考過程に進んでいったときのことを考えながら、絞り込んでいくとよいでしょう。

大杉さん 面接に苦手意識がありまして。大学のキャリアセンターを利用して、話す機会をできるだけつくろうと思っているのですが、苦手意識を克服するために、他にできることはないでしょうか。

 これはもう、場数を踏むしかありません。ズバリ志望しているわけではない企業の選考にも、どんどんエントリーすることを勧めます。あまり興味がないのに受けたら、企業側に不快感を与えるんじゃないかと心配ですか? 実はそんなことを気にする必要はありません。よくいわれるように、今年の就活も学生側に有利な「売り手市場」です。企業側の本音をいうと、そんな中で「受けてくれただけでありがたい」なんですよ。

 志望動機が明確でなくともよいのです。むしろ、そんな就活生にどうやって「この会社もなかなかいいな」と志望動機を持ってもらうかは、人事担当者がどこまで自社の魅力をうまく伝えるかの問題です。それで大杉さんが「いいな」と思えるようになったなら、そこで就職を検討すればよいのだし、思えなかったら別の会社を選べばいいだけのことです。苦手意識を持ったまま、練習不足で「本命」の企業の選考に臨むことは避けてほしいと思います。

2年後の採用、冷え込みも?

大杉さん 私は実は大学院への進学も視野に入れています。その場合は、今年の経験を生かして、2年後にまた就活、ということになるんですけど、その頃の企業の採用事情ってどんなふうになっているでしょうか。

 なるほど、特に大杉さんのように理系の学生ならば、多少なりとも考えているポイントでしょうね。2020年の東京五輪の頃までは景気も比較的よさそうですが、その後には景気も後退するといわれています。そうなると企業も採用を抑えます。一般論ですが、企業が採用を減らすときは、前年に300人だったところを100人まで絞るなどといった急激な変化もざらです。2年後よりも今年の就活の間口のほうが広いかもしれないというわけです。

 また実際問題として、「修士課程で2年間過ごすくらいなら、学部卒で就職して、社内で経験を積んでほしい」と考える企業も少なからずあります。大学院卒と学部卒で初任給に差がなければ、修士の経験より社会人歴を重要と見なすというメッセージですよね。研究者として大学に残りたい気持ちはどれほどありますか? 進学にそこまで積極的な意味を見いだせないなら、今年の就活を頑張ったほうがよいかもしれませんよ。

曽和利光(そわ・としみつ) 1971年生まれ。京都大学教育学部卒。リクルート人事部ゼネラルマネージャー、ライフネット生命総務部長などを経て2011年、主に新卒採用を対象にしたコンサルタント事業の人材研究所を設立。著書に「就活『後ろ倒し』の衝撃」(東洋経済新報社)、「『できる人事』と『ダメ人事』の習慣」(明日香出版社)などがある。
曽和利光さんから模擬面接による指導や、悩み相談を受けたい就活生の方は、こちらのフォームから氏名・メールアドレスなどの連絡先をお知らせください。リンク先に飛ばない場合はこちらのURLをコピーしてお使いください。
https://esf.nikkei.co.jp/sowa_mensetsu//

[日経電子版2017年3月15日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>