日本経済新聞 関連サイト

OK
[ skill up-自己成長 ]

「羽目をはずして怒られた」
伊勢谷友介氏の芸大時代(上)

「羽目をはずして怒られた」伊勢谷友介氏の芸大時代(上)

 俳優で映画監督の伊勢谷友介氏(40)は、実は社会起業家の顔も持つ。株式会社を設立し、様々な企業と組みながら、社会的課題や環境問題、次世代の人材育成などに取り組むプロジェクトを展開。東日本大震災の際には、復興支援にもかかわった。すべては、東京芸術大学時代に映画監督を志したことに始まる、と伊勢谷氏は語る。

子供のころはファッションデザイナーになりたかった。

 年の離れた腹違いの兄が山本寛斎。その影響で、ファッションデザイナーになりたいと思っていました。だったら、芸術分野で一番の学校で勉強しよう。それが芸大を受験した動機です。

 学校の成績は小学校のころからいつも中の上くらい。芸大を受験すると言ったら、周りから、何浪もするはめになるからやめておけと忠告されました。実際、私が入った美術学部デザイン科には、一浪どころか、十浪して入学したつわものもいました。しかし、私の意志は固く、芸大一本に絞って受験。幸い、一発で合格しました。私にとっては、いちかばちかの人生で初めてのギャンブルでした。

 芸大は入るのが難しいとよくいわれますが、学部や学科によると思います。筆記試験の点数よりも、まずは作品の評価が優先され、勉強がそれほどできなくても受かる場合もあります。少なくとも私の時はそうでした。多様な人たちを許容するところが、アートを学ぶ大学なのかなという気もしました。

 そうして芸大に無事入ったのですが、でも、あとでよくよく考えたら、芸大はファッションデザイナーを目指す人が行く大学じゃなかった。最初から、入る大学を間違えていましたね(笑)。

芸大時代は、羽目をはずして遊んだこともあった。

 授業は、与えられた課題をこなさないと卒業できないので課題だけはきちんとやりましたが、成績はよくありませんでした。授業に出てもあまり話を聞いていなかったので、授業の印象も先生の印象もほとんど残っていません。

「ツーリングによく行った。芸大生は自己表現好きがそろっているので、隊列で走るのは苦手」と笑う

 唯一、よく覚えているのは、現代アートの日比野克彦先生ですね。自身で精力的に作品を発表しながら、大学で教えてもいました。私たち学生と朝まで遊んでいても、その日ちゃんと仕事をこなすのを見て、仕事に対するモチベーションの高さがすごいなと、いつも尊敬していました。

 遊ぶほうは、いろいろと記憶に残っています。たまたま、私の学年は私も含めてやんちゃが多く、いろいろと羽目をはずして、よく学校から怒られていました。

 ツーリングにもよく行きました。ふつう、ツーリングは縦長の隊列をつくり、その列を崩さないように走りますが、芸大生は自己表現好きがそろっているので、隊列で走るのは苦手でした。私たちは、カーアクション映画「キャノンボール」をまねてキャノンボール方式と呼んでいましたが、みんな自由なルートを選んで走って、楽しんでいました。ツーリングで、遠くまでアート作品を見に行ったこともよくありました。

 今でも、大学時代のツーリング仲間とは交流があり、ときどき、みんなでツーリングに行きます。芸大を出ても、アートで食べていくのはなかなか大変なので、仲間も大半は一般企業に就職し、今は会社内でそれなりの地位に就いている人が多いですが、ツーリングは今でもキャノンボール方式ですね。そのへんは、みんな変わっていません。

途中で、デザイナーから映画に転向した。

 最初は、石岡瑛子さんがハリウッド映画の「ドラキュラ」で米アカデミー賞衣装デザイン賞をとったのに感銘を受け、映画のファッションの仕事をしたいと思っていました。それで、よく映画を見るようになったのですが、そのうち、映画自体に興味を覚え、映画監督になりたいなと思うようになったのです。

 映画の世界では、作品の空気や重力感、すべてが監督で決まります。つまり、監督の世界観が作品に反映される。それがとても魅力的に映りました。

 くしくも、大学時代にモデルをしていたことがきっかけで俳優の仕事をするようになり、映画の世界に入りました。俳優なら監督の一番そばにいられるので、監督業も学べる。俳優になったのは、そんな動機もありました。

 私のいたデザイン科のよいところは、学問の対象が非常に広いことです。現代美術を研究する学生もたくさんいました。もちろん、映画の研究もOK。私も、デザイン科に籍を置いたまま、自分で映画の勉強を始めました。映画俳優としては、是枝裕和監督の「ワンダフルライフ」でデビューしました。
(ライター 猪瀬聖)[日経電子版2017年3月13日付]

<<続き「映画から社会起業へ~伊勢谷友介氏が芸大で気付いたこと」から読む>>

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>