日本経済新聞 関連サイト

OK
[ skill up-自己成長 ]

これからの女子キャリと生き方(12)決まった家族の形はない。
自分の幸せに近づける選択を!

新居日南恵 authored by 新居日南恵manma代表
これからの女子キャリと生き方(12) 決まった家族の形はない。自分の幸せに近づける選択を!

 こんにちは。manma代表の新居日南恵です。現役ママから女子大生へのメッセージをご紹介するこのシリーズ。今回は「決まった家族の形はないので、自分達が思うようにやっていい」というメッセージをご紹介します。

 官公庁に勤める1児のママ(30代)である米田さん(仮名)は幼い頃、両親の仲が悪かったこともあり、元々結婚に対してネガティブなイメージを持っていたそうです。だからこそ、一人でも生きていける職を選択された米田さんは、結婚に対するイメージを「ガラッと」変えてくれたという今のパートナーと、ベストな形での結婚生活を送っていると語ります。

 「女子大生の皆さん、少しでも自分の幸せに近づける選択を、もっとしていいと、私は思います!」

米田さんご家族のご様子

決まった形はない家族の形

 結婚にマイナスなイメージを持っていたため、先述の通り「一人でも生きていけるように」という理由で官公庁へ就職されました。そんな、米田さんの人生の転機は自由な考え方をするパートナーと出会えたことだと語ります。子ども好きなパートナーが育児を担当する米田さんペアは、苗字を変える結婚に抵抗があったため、出産後に事実婚へ移行。お子さんを出産された後も仕事と趣味を優先し、家事シッターさんにも抵抗なくお手伝いしてもらっているそうです。

 「傍から見たら多少はちゃめちゃです」。そう語る米田さんは、家事育児を女性がメインで担うことや、結婚が必須であること、はたまたみんなが必ずしも子ども好きであり、苗字の9割以上が旦那さんの姓であること、親が常に子育てを最優先しなければならない......といった、「世間の考え」や「こうあるべき像」に必ずしも同意はしないと続けます。

 「こういった考えは時々人を苦しめてしまうと思っています。でも無意識のうちに、こういう考えを受け入れていると、なぜ苦しいのか気づけないんです。一つひとつ『これは自分に当てはまることなのかな?』と考えてください。その結果、得た道ならたとえ周りと違っていても、それがその人の幸せの基準だと思います」

米田さんのお宅での家族留学のご様子

だからこそ、ライフコースの設計は早めに...!

 だからこそ、米田さんは自分にとってベストなライフコースを歩むためには「何が自分にとって幸せか(例えば、そもそも結婚は必要か? なぜ子どもが欲しいのか? など)」を早くから試行錯誤しておいた方がよい」とお話しくださいました。

 米田さん曰く、基本的には気になったことは趣味でも恋愛でも仕事でも、何でも手を出してみるのが近道だといいます。

平日のお仕事後、長野からの家族留学生を受け入れてくださいました

 「恋愛でベタなところなら、『告白されるのと、告白するのとで、その後どちらが自分は幸せ?』とか、幾つか苦渋を舐めるうちに何となく見えてきますよね(笑)。仕事だと『負荷がかかると自分は食べ過ぎちゃうんだな』『睡眠不足が一番辛いな』『褒められるのも嬉しいけど、多少厳しい人の方が、負けん気が湧いてくるな』など、自分を色んな場面に置いてみると、自分の行動パターンとか優先順位が見えてきて、分かれ道に立った時、どちらが自分に向いているか判断しやすいと思います」

 さまざまな試行錯誤を経て、自分にとってのベストなライフコースを少しずつ設計することが非常に大事なポイントのようです。

女子大生へのメッセージ

 「10代の頃は、20代、30代は色んなことができる大人というイメージがありました。けれど、実際は元気な時期って意外と短い。だから体力や気力のある今こそ、気になることがあればやってみてほしい。自由に生きる女性が増えれば、周りも変わる。いろいろ言われたり、うまくいかなかったり、しんどいこともあるかもしれないけど、我慢して生きたって幸せが約束されてるわけじゃない。同じ『しんどい』なら、少しでも自分の幸せに近づく道を選びませんか? と伝えたいです」