日本経済新聞 関連サイト

OK
career-働き方

「仕事は得意かも」
桜蔭で落ちこぼれ、はたと気づく
経沢香保子・
キッズライン社長が語る(上)

「仕事は得意かも」桜蔭で落ちこぼれ、はたと気づく経沢香保子・キッズライン社長が語る(上)

 東京大学合格者数で全女子校のトップに立つ、私立中高一貫の桜蔭中学・高校(東京・文京)。卒業生の一人に、ベビーシッターサービスを手掛けるキッズラインの経沢香保子社長(43)がいる。経沢氏は、2012年当時、最年少で会社を上場させた女性経営者としても有名だが、「桜蔭時代は完全な落ちこぼれでした」と明るく振り返る。

受験勉強で眉毛が半分になった。

 「これからの時代は女性も自立して生きる時代になるよ」。専業主婦だった母は、私の人生の軸になる気づきを幼い頃に与えてくれました。まだ、寿退社が普通だった時代です。自立して生きていくには教育が重要だと考えていたようで、自然と中学受験を目指すようになりました。

 ただ、厳格な父は、「一番の学校なら私立でもいい」と言うので、私立に行くなら、桜蔭に合格するしかないと、必死に勉強。小学5年の時に本格的に受験勉強を始めましたが、それからの2年間は、勉強が中心の生活だったように記憶しています。

 塾も2つ通いました。四谷大塚と小規模の四谷大塚対策の塾と。四谷大塚は、毎週テストがあります。対策用の塾では、四谷大塚の成績が発表になるとその成績順で座る場所が決まっていました。みんな優秀な生徒ばかりだったので、私は4列あるうちの前から3列目が、指定席でした。

 小学生ながら気をもむ日々だったのかもしれません。6年生のある日、気付いたら眉毛が半分になっていたことがありました。勉強にあまりに集中するうちに眉毛を抜いてしまっていたようです。今思い出すと笑えるエピソードです。

 そんな毎日を過ごしていただけに、桜蔭中学に合格した瞬間は、すごくうれしかったです。受験勉強は「努力すれば結果が出るんだ」ということを小学生のときに体験できた貴重な経験でした。私は忍耐力がありコツコツ努力できるため、経営をやってこれたと思うのですが、完全にそのときの経験がベースになっていて、両親には感謝しています。

桜蔭では完全に落ちこぼれた。

「マイペースでやっているうちにどんどん差が開いた」と笑う

 草野球ではピッチャーで4番、毎試合ヒーローだった選手が、いきなり大リーグの試合に出て、全然通用せず、途方に暮れる。桜蔭時代をふりかえると、勉強に関しては、そんな感じだったのかもしれません。

 しかも、私は、桜蔭に入ったことですっかり満足していまい、せっかくの勉強の習慣をやめてしまいました。対照的に、まわりのクラスメートはコツコツ東大を目指して勉強をしていました。正直、私はあまり勉強が向いていなかったんだと思います。みんな本当に頭がいいし、息をするように勉強する。私だけマイペースでやっているうちに、クラスメートとの差がどんどん開いて行きました。

 もっとも、初めは自分の成績が他の人と比べてそんなに悪いとは思っていませんでした。桜蔭は他の多くの進学校と違い、個々の生徒の成績を発表したり、生徒を順位付けしたりすることはしません。分かるのは自分の点数と全体の平均点だけ。ですから、自分が全体の何番目くらいなのかまったくわからない。成績がよくないことはなんとなく自覚していましたが、そんなに悪いとも思わず、あまり危機感がありませんでした(笑)。おそらく高校卒業時の成績は、下から数えたほうが早かったんだろうと思います。

 でも、あえて生徒同士の競争心をあおるようなことをせず、一人ひとりの自主性に任せる桜蔭の教育方針は、非常に素晴らしいと思います。なぜなら、まず、むやみに自分と他人を比較せず、人は人、自分は自分という発想を持つようになります。そして、競争は常に自分との競争であり、負けても不利な状況になっても、けっして他人のせいにしたりしないという態度も身につきます。先生も、成績の悪い生徒に対して小言を言うようなことはありません。あくまで各自の自主性に委ねる。こうして、桜蔭生は自立心が養われていくのだと思います。

文化祭のお茶漬け販売で大成功した。

 勉強はだめでしたが、文化祭では活躍しました。中でもよく覚えているのは、高校2年の時に企画したお茶漬け店です。市販のお茶漬けの素をご飯にかけ、野沢菜かシャケを添えるというだけの、簡単なものでしたが、文化祭でお茶漬けという発想が新鮮だったらしく、大繁盛。「日常茶飯事(ちゃめしごと)」という店名も受けたのかもしれません。先生にもすごく褒められました。

 もう時効だと思いますが、高校時代、学校に隠れてアルバイトもしました。夏休みの間だけでしたが、大手学習塾の事務局の手伝いなどをしました。社員の方から仕事ぶりを高く評価してもらい、仕事って楽しいなと心底思った記憶があります。

 文化祭での体験やアルバイトの経験から、自分は勉強はできないが仕事は得意かもしれないと、ひそかに思うようになりました。

 授業でも、主要科目、特に歴史のような記憶力を必要とする科目の成績はさっぱりでしたが、美術や体育、音楽など芸術系、そして、数学も比較的得意でした。

 そんな自分をコンピューターに例えると、メモリーの容量は小さいが、CPU(中央演算装置)は高速回転できる。だったら、将来は発想力や創造力を生かして、人のやらないような発想で勝負してみたい。そんなキャリアの青写真が、ぼんやりとですが見え始めていました。
(ライター 猪瀬聖)[日経電子版2017年3月27日付]

 「『大学全落ち』だけど...桜蔭で育んだ自立心 経沢香保子氏(下)」に続く

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>