日本経済新聞 関連サイト

OK
[ liberal arts-大学生の常識 ]

日本の強みが弱みに
「あうん」から形式知の時代へ

校條浩 authored by 校條浩ネットサービス・ベンチャーズ マネジング・パートナー
日本の強みが弱みに「あうん」から形式知の時代へ

 日本のものづくりには長年蓄積した職人芸的なノウハウがあり「部品のすり合わせ技術に優れる」とされている。このようなノウハウや知識は「暗黙知」と呼ばれる。暗黙知の内容を理解するのは難しい。共有するには人間同士の濃密な交流が長時間必要である。

 日本企業では、終身雇用により、それぞれの企業の固有の価値観やプロトコル(仕事のやり方やしきたり)を定着させてきた。ロジックのステップをすべて具体的に説明しなくてもお互いがあうんの呼吸で暗黙知を共有できた。

 一方、IT(情報技術)システムの根幹となるデータなどによる知識は「形式知」と言われる。形式知は「言葉や文章、数式、図表などによって表出することが可能だ。客観的で理性的な知」と定義される。

 長い間、暗黙知を得意とする日本企業が高品質の製品やきめ細かいサービスで世界をリードしてきた。しかし、すべての産業がITなしでは考えられなくなってきた今、形式知の重要性が高まっている。日本の企業経営は形式知への転換の準備ができているのだろうか。

 日本のあるITシステム開発会社が開発作業をインドにアウトソース(外部委託)し始めたとき、大きな問題が起きた。具体的なシステムの要件定義や開発スペック(仕様書)を提示されない限り、インドの開発エンジニアたちは動いてくれないのである。日本のシステム会社は、システムの目標に関して曖昧な説明しかしてくれない顧客企業と、具体的な要件定義を要求してくるインドのソフトウエア開発者との間で機能不全となった。その後、インドへのアウトソーシングは大幅に縮小してしまった。

 筆者は、シリコンバレーの経営コンサルティング会社で米国人のコンサルタントたちを率いたことがある。その経験は日米の経営文化の差を目の当たりにする機会となった。

 リーダー役のパートナーが顧客の課題を最初から明確にチームメンバーに提示し、さらに問題を分解して各メンバーにテーマを与えなければならない。もちろん最初は仮説をもとにしていることも多いが、ロジックが明確でなければ、米国人のコンサルタントは仕事をしてくれない。さらに、彼らは議論を進めるときに、問題を構成する部品に分解して、順番に議論していく。直感的に落とし所を探る日本人からすると、まどろっこしく感じるが、予想できなかった方向に議論が発展することがあり、これが新たな解決策を生むのである。

 ITシステムによる情報処理能力の格段の向上、桁違いの情報量のビッグデータ、人工知能(AI)による高度な情報判断、情報を処理し学習できるロボットなどの技術が臨界量を超え、形式知が暗黙知を超える時代が来つつある。暗黙知に頼る事業運営を続けている限り、ホワイトカラーの生産性は上がらないし、事業改革も期待できない。

 広告宣伝の効果把握は形式知の分析が主体となり、金融の顧客管理や与信などもフィンテック(金融のためのIT)による判断が中心となってきた。ホワイトカラーの仕事のかなりの部分はITやロボットに置き換わるであろう。我々はもう形式知の時代に突入しつつあるのだ。

 経営課題を普遍的な言葉で具体的に説明し、指示できない暗黙知型経営者は、経営を次世代に託そう。ITがある前提で育った若者が経営を担うことで、形式知をベースとした経営パラダイムへのシフトが始まることを期待したい。
[日経産業新聞2017年3月21日付、日経電子版から転載]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>