日本経済新聞 関連サイト

OK
[ skill up-自己成長 ]

やる気スイッチを入れよう(27)「内定がないのは自分だけ」
就活の焦りと付き合うには

菊入みゆき authored by 菊入みゆき明星大学特任教授、JTBコミュニケーションデザイン
ワーク・モチベーション研究所長
やる気スイッチを入れよう(27) 「内定がないのは自分だけ」 就活の焦りと付き合うには

 経団連指針では「面接解禁は6月1日以降」となっていますが、「友達はもう、内定が出た」「○○さんは、内定2社持ってる」 など、周りの状況を見て、焦りを感じている人も多いと思います。焦る気持ちを、やる気スイッチに変える方法を考えてみましょう。

就活生の8割は焦っている

 焦っている時は、視野が狭くなっています。例えば、「内定が出た友達2人」と「内定が出ていない自分」の3人しか見えていなかったりします。すると、「3人中、内定が出ていないのは自分だけ」「こんなに焦って大変な思いをしているのは、自分1人だ」と、勝手に思い込み、さらに焦る、という悪循環に陥りがちです。

 複数の調査で、就活生の7~8割以上が、就職先が決まらなかったらどうしよう、という不安を抱きながら、活動をしていることがわかっています。説明会の会場で隣に座った人も向かいの人も、余裕があるように見えて、実は不安や焦りを抱いているのです。「自分だけではない」と、少し視野を広げるだけでも、焦りは緩和されます。

「焦り」を分解してみる

 胸がざわざわして、いてもたってもいられなくなる「焦り」ですが、なぜこのような気持ちになるのでしょうか。

 要因の1つは、まわりとの比較によって、自分を評価することにあります。「他者と比べて、自分が劣っている」と感じたとします。たいていの人は、自分を劣っていると思いたくないため、その状態をなんとか解消したい、と強く願います。その結果、「このままじゃだめだ」という焦りが生じます。自分を守るために、焦りが生じているのですね。自然な反応と言えます。

 しかし、この自然な反応は、間違ったサインを捉えて、発動している場合もあります。そもそも比較することはできないにもかかわらず、単純に内定が出たか否かで、優劣を判断し、焦り感情を沸き立たせている可能性があるのです。応募している業界が違う、企業の規模が違う、企業の採用スケジュールが違う等、就活の条件は1人1人異なるので、必ず時期的な差は出ます。

 焦ってドキドキしている自分に、「就活は1人1人違う」「この焦りは、反応のミス」と、何度も言い聞かせてください。

暗い未来を想像する「焦り」

 「どこにも採用されなかったら」と、未来の暗い姿を想像し、「どうしよう」と思っている人も多いと思います。これも焦りの大きな要素です。この「どうしよう」の気持ちは、自分の中に閉じ込めておかずに、明るいところに引っ張り出しましょう。誰かと話し合ったり、相談したりするのです。

 大手の製造業を志望しているNさんは、「どこにも採用されなかったらどうしよう」、「やっぱり、もっと小規模の会社もたくさん受けておけばよかった」と、悶々としていました。大学のキャリアセンターに相談に行ったところ、「Nさんが志望している企業はみな、これから採用活動が本格化するため、どこもまだ内定を出していない」、「その業界の中小企業であれば、例年二次募集が出るので、そこで応募することができる」等です。

 昨年の二次募集の資料を見せてもらったところ、興味のある企業が含まれることがわかりました。Nさんは、「いろいろな方法があるとわかって、ホッとしました。内定時期のことなど、すでに自分が知っている情報もありましたが、第三者にあらためて言ってもらうと、気持ちが落ち着きます」と話しています。

明るい未来に近づく

 「どうしよう」と焦っているときは、暗い未来を避けようという気持ちが強く働いています。この「いやなことを避けたい」という気持ちが長く続くと、ストレスを強く感じ、負担感も大きくなります。

 焦りを感じているときは、いったん立ち止まり、自分の目標についてしっかり考えましょう。納得できる職場で生き生きと仕事をしている、明るい未来をイメージしましょう。明るい未来に近づこうという気持ちは、人を前向きにさせ、ストレスを軽減します。就活へのやる気も、安定的に長続きするようになります。

 就活に「焦り」はつきものです。自分の「焦り」を理解し、対処することで、やる気にスイッチを入れ直しましょう。

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>