日本経済新聞 関連サイト

OK
[ liberal arts-大学生の常識 ]

「VR蓮舫」の追及を受けてみた
記者が体験

「VR蓮舫」の追及を受けてみた記者が体験

 「『VR蓮舫』って知ってる?」。ある日、すぐそばに座る上司が尋ねてきた。動画配信のドワンゴの「ニコニコ超会議2017」(千葉・幕張メッセ、4月29~30日開催)に民進党が出展する仮想現実感(VR)を使った体験企画のようだ。「VRで蓮舫代表に問い詰められるらしいから体験してきて」。記者の仕事ぶりに不満があるが直接は言えないので、間接的に伝えたかったのだろうか。上司の気持ちを忖度(そんたく)してVR蓮舫を体験してきた。

目の前に立ちはだかる蓮舫氏

映像の中で蓮舫氏から質問を浴び、脈拍があがる記者(4月27日、東京都千代田区の民進党本部)

 4月27日、VRに詳しい別の先輩と一緒に永田町の民進党本部を訪れた。案内された一室にはゴーグル型の専用端末とヘッドホン、追及されている時の心拍数を表示する大型モニターが用意されていた。テレビの国会中継でおなじみのえんじ色の椅子に座り、ゴーグルを着用する。

 ゴーグルを着けると国会内の一室の扉をイメージした3次元(3D)映像が映し出される。ゴーグルを上下に動かして映像のピントを合わせたら、左手の人さし指に心拍センサーをはめて平常時の心拍数を測る。時間は10秒ほどで、その後ヘッドホンを付けてスタートを待つ。

 VRが始まり映し出されたのはカーテンが閉まった部屋。目の前には胸の下に手を組んだ蓮舫氏が立ちはだかる。紺色のワンピースの上に白色のジャケットを着た蓮舫氏の周りにはコの字に並んだ長机が置かれ、スーツを着た人が20人ほど座っている。

容赦ない「口撃」

 「民進党の蓮舫です」。言われなくても知っている自己紹介が一言で終わり、追及が始まる。眉間にしわを寄せてながら目の前に近づいてきて容赦なく「口撃」される。VRと分かっていても迫力がある。

VRの蓮舫代表が容赦なく追及してくる

 「まるで失言が続く大臣のようだ」「まさか血税ではないでしょうね」「残念ながらあなたの答弁には納得できません」――。身に覚えのないことを一方的に問い詰められる。平常心を保とうとしてもなぜか動揺してしまう。蓮舫氏を囲む周囲のやじにも圧倒され、思わず「記憶にありません」と答えそうになった。疑義を追及される政治家の代名詞のような言葉はこうした状況から生まれたのだろうか。

 ときおり蓮舫氏が記者の背後に歩いて回り込む。蓮舫氏が動くのに合わせて首を左右に向けると、歩きながら問い詰める蓮舫氏の横顔も見られる。周囲の様子を360度見られるのもVRの特徴だ。

残り時間40秒で力尽きる

 体験中は見ることができないが、椅子のすぐそばにある大型モニターでは体験者の心拍数の変動を折れ線グラフで表示する。心拍数が上がれば、グラフの山が大きく動く。グラフの下に表示した「メンタル残量」は心拍数があがるほど、残量が少なくなる。記者は残り40秒ほどで残量がゼロになり力尽きた。体験時間は3分30秒だが、一方的に追及され続けると長く感じる。ちなみに体験は残量がゼロになっても続けられる。

 4月27日の記者会見でVR蓮舫について感想を聞かれた蓮舫氏は「私はそんなに怖くない」と言っていたが、人さし指を立てながら間近に迫られると思わず後ずさりしてしまう。

 追及が終わると結果判定だ。結果は「あなたの総理大臣適性」として最上位のAから最下位のEまでの5段階で出る。記者の判定結果はEだった。入社8年目になり、それなりに場数を踏んできたつもりだったが、まだまだ未熟ということだろう。VR蓮舫の体験を命じた上司はきっとこのことを伝えたかったのだろう。上司の親心を感じた。

先輩に器の違いを見せつけられる

 自己弁護のように思われるかもしれないが、VR蓮舫の開発担当者によると初めて体験した人の多くはE判定になるとのこと。どんなに落ち着いた人でもC判定になるという。

 ちなみに、一緒に体験した先輩は心拍数を表示するグラフがほとんど動かない。しかも余裕の笑みをときおり浮かべながら最後まで動じずに座っていた。結果はB判定。総理大臣になるには悪くない素質の持ち主と評された。結果の表示画面に映った蓮舫氏も「詰めが甘かったかしら」と舌を巻いていた。やはり公私ともにくぐり抜けてきた修羅場の数が違うのだろう。器の違いをみせつけられ、先輩の背中が大きく見えた。
(池田将)

ゲーム・教育・医療...広がるVR市場
 民進党はVR蓮舫で10~20代の関心を引こうとしている。4月29~30日に幕張メッセ(千葉市)で開かれた「ニコニコ超会議」で、民進党ブースに出展した。昨年は議員のコラージュ画像を見た脳波の反応で動くゲームを出してうけたため、味をしめたようだ。
 若者がどこまで民進党に関心を持つきっかけになるかはわからない。だが、VRが消費者や企業の関心を強くひきつけることは確かだ。
 ヘッドマウントディスプレー(HMD)と呼ぶ専用端末を頭に装着して仮想の世界に入り込むVR。応用範囲はゲームから教育や医療まで幅広く、最新テクノロジーとして人工知能や3Dプリンターと並んで注目されている。
 「スマートフォンの次のプラットフォームだ」。米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者は2016年2月、スペインで開かれた「モバイル・ワールド・コングレス」でVRをこう位置づけた。同社傘下の米オキュラス、ソニー・インタラクティブエンタテインメント、台湾の電機大手、宏達国際電子(HTC)が端末で覇を競っている。
 端末に埋め込まれた加速度センサーは頭の傾きや振動をとらえる。ジャイロセンサーは頭の回転を測っている。埋め込まれた数百の部品が頭の動きを捕捉し、有機ELなどのパネル上で画像を動かしていく。
 ソニー・インタラクティブエンタテインメントが16年に家庭用テレビゲーム機「プレイステーション4」につなぐ端末を発売し、消費者に広くVRが知れ渡った。ゲームを含むエンターテインメント分野が市場をけん引すると見込まれているが、それだけではない。
 不動産物件の案内や建物の設計、工場での保守作業のシミュレーションなどに活躍の場が広がっている。医療現場では、遠隔手術や精神疾患のリハビリに活用する研究が進みはじめた。
 ただ、消費者や企業はVR酔いに注意が必要だ。端末に映る映像と体感との差に違和感を覚えることで吐き気や目まいといった症状が表れる。これを防ぐことが各社の開発テーマで、操作して映像が表示されるまでの時間差、レイテンシーを短くする研究を進めている。
 世界のVR市場はハードウエアとゲームなどコンテンツを合わせ、20年に16年の10倍にあたる700億ドル(7兆8000億円)との試算がある。スマートフォンゲーム「ポケモンGO」で使われた、現実の映像にコンピューター画像を重ねる拡張現実(AR)も広がっている。現実と仮想の境目をなくしていくテクノロジーが暮らしやビジネスを変えていく。(緒方竹虎)

[日経電子版2017年4月28日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>