日本経済新聞 関連サイト

OK
[ skill up-自己成長 ]

職員室の壁消えた栄光学園
有名OBが込めた母校愛

職員室の壁消えた栄光学園有名OBが込めた母校愛

 古都・鎌倉の郊外にある完全中高一貫制の私立男子校、栄光学園中学・高校(神奈川県鎌倉市)。東京ドーム2.4個分の広大な敷地にはタヌキやリスも生息し、自然環境に恵まれているが、実に3人に1人が東京大学に合格するミッション系の進学校として知られている。政界や経済界のほか、学術界・建築界にも人材を輩出する。新校舎に生まれ変わったばかりの栄光を訪ねた。

新校舎 設計者はいずれも栄光OB

 「ウチは建築家に恵まれていました。新校舎の設計に携わった方々はいずれも栄光のOB。有名な隈研吾さんだけではなく、日本設計の中でこのプロジェクトに携わった3人も栄光出身者です。学校の理念を理解してもらっているのでいい校舎ができました」。栄光の望月伸一郎校長は笑いながらこう話す。

神奈川県鎌倉市にある栄光学園

 JR大船駅から長い坂道を20分あまり登ると、丘の上に真新しい校舎群が見えてくる。栄光は創立70周年事業として、50億円強を投じて校舎の建て替えをすすめ、2017年春にオープンした。設計監修は新国立競技場の設計を手掛けた世界的な建築家の隈研吾氏だ。周りを威圧するような建物ではなく、環境に溶け込む「負ける建築」を志向する隈氏の原点が栄光だ。校舎は今どき珍しい地上2階建ての低層。RC(補強されたコンクリート)と木造のハイブリッド構造で、校内に木の香りが漂う。窓も大きく、明るく温かい雰囲気に包まれている。

自然と運動 長い坂と中間体操

栄光の新校舎は地上2階建ての低層で、木材を多用している

 部活は週2日に限られており、運動部の活動が中心の学校とはいえない。しかし、この学校に通うと、体が自然と鍛えられる。通称「栄光坂」という長くて勾配のきつい坂道を6年間毎日通学するので、足腰は丈夫になる。2時限目と3時限目の間には「中間体操」と呼ぶラジオ体操がある。

 1学年の定員は180人で6年制のため、1千人あまりの全生徒が一斉に15分間体操を行う。実は地上2階の低層となっているのはグラウンドと教室をスムーズに結ぶためでもある。栄光には独自デザインの制服があるが、各教室を回ると、制服姿は半分程度で、スポーツウエアやTシャツなど、動きやすくラフな格好をした生徒が目立つ。

 自然環境が抜群の栄光。敷地は11万平方メートル強あり、山林もある。中学の生物の授業などでは教師から「裏山でネバネバした植物を探してきて」といった課題が出されるなど、野山を駆け回る場面が多い。新校舎に木材を多用しているのは、周囲の自然に溶け込むようなデザインにしているためだ。

壁のない職員室

栄光の職員室の隣にあるラーニングスペース

 ほかにも新校舎には栄光らしい工夫がある。なんと職員室と廊下の間には壁がない。壁が取り除かれ、何本かの柱があるだけで、実にオープンな空間だ。しかもその隣にラーニングスペースがある。いすや机が置かれ、生徒が教師に質問したり、自習や雑談をしたり、生徒同士で気軽に教え合う空間になっている。その向こうには図書館がある。2階にあるラーニングスペースに行くと、寝そべったまま本を読む生徒もいた。

 栄光はカトリック系のイエズス会が運営しており、しつけの厳しい学校というイメージがあるが、校内はのどかで、明るい表情の生徒が少なくない。「遅刻には厳しいし、掃除もしっかりするように指導していますが、決して叱りつけることはしません」と望月校長は強調する。

 栄光の特徴とは、「教師と生徒のコミュニケーションが密なことです。教師に相談や質問があると、昼休みや放課後に生徒が教師のところにどんどん来る。だから新校舎では職員室の壁をなくし、隣にラーニングスペースを設けました」と話す。栄光の授業開始は午前8時20分(冬時間は8時50分)で終業は午後3時5分。下校時間の午後5時ぐらいまで、この空間で教師や生徒の「ワイガヤ」が繰り広げられる。

ライバルも驚く双方向授業

 「にぎやかな授業が多いですね」。望月校長は同じミッション系の聖光学院(横浜市)の教師たちに以前こう驚かれたという。栄光は授業そのものが双方向型だ。授業中も教師と生徒、さらに生徒同士でも活発に議論を展開してゆく。英語の授業は中学3年生からディベートを実施し、スピーキングを重視している。イエズス会には世界中に約2000も教育機関がある。このネットワークを活用して米国やフィリピンの高校生とも活発に交流している。

栄光学園の中庭 休憩時間になると生徒がワッと飛び出してくる

 栄光のもう一つの特長が「瞑目(めいもく)」だ。"にぎやかな授業"がスタートする前と終わったとき、30秒から1分間程度、目を閉じて黙想する。すべての授業や試験のときに瞑目を繰り返し、これが6年間続く。望月校長は「大学入試のときも、生徒たちは自主的に瞑目するそうです。これで心が落ち着いたという生徒もいます」という。

 2017年の大学合格実績は東大が62人。全国8位だが、神奈川県のライバル校、聖光は69人と、最近は後じんを拝すようになった。ただ、16年度の卒業生数は栄光の179人に対して聖光は224人。東大合格者数で36年連続トップの開成高校は162人だったが、同校の卒業生数は398人。合格率でみると、聖光を上回り、開成にも見劣りしない。

少数教育を維持

 東大合格ベストテンに入る進学校で定員が200人を下回るのは栄光と筑波大付属駒場高校の2校だけ。「実は新校舎に建て替えるときに、定員を大幅に増やしたらどうかという関係者からの意見もありました。栄光は敷地も広いし、定員を増やすのは難しくはないが、やめました」と望月校長は話す。もともと栄光は少数の生徒を集め、神父らが先生になって勉強をみるだけでなく、様々な相談事も聞き、細やかに面倒をみるのが伝統だった。今、神父はいなくなったが、教師と生徒の密な関係を維持するため、「少数教育にこだわりたい」という。

栄光学園の望月伸一郎校長

 栄光出身者は、隈氏に限らず様々な分野で活躍している。元首相の細川護煕氏のほか、経済界では三井物産会長の飯島彰己氏や、日本ケンタッキー・フライド・チキン元社長の大河原毅氏らがいる。解剖学者の養老孟司氏や宇宙飛行士の古川聡氏も出身者だ。望月校長は「卒業生には、豪腕タイプのリーダーというよりも、自然体の人が多いといわれる」という。

 開成出身の東大法学部4年生の男子学生は「大学の友人には栄光と聖光の出身者はたくさんいますね。聖光は横浜出身者というプライドが高く明るいタイプが多いけど、栄光はぼくとつでまじめ、研究者タイプが少なくない」という。自然に囲まれた新校舎のなかで、教師と生徒の「壁」が一段と低くなった栄光。さらに多様なリーダーが次々飛び出していきそうだ。
(代慶達也)[日経電子版2017年6月3日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>