日本経済新聞 関連サイト

OK
[ career-働き方 ]

チェック!今週の日経(17)アマゾン、国内で1兆円超え
小売業の未来はどうなるのか

authored by 日経カレッジカフェ 
チェック!今週の日経(17) アマゾン、国内で1兆円超え小売業の未来はどうなるのか

 日経の研修・解説委員や日経カレッジカフェの編集スタッフが、この1週間の日経電子版や日本経済新聞から企業ニュースを中心にピックアップし、解説する「チェック!今週の日経」。今回は個別企業のニュースとはひと味違う、調査もののニュースを紹介してみましょう。

日本の小売業6位にアマゾン

 28日の朝刊1面トップに次のようなニュースが掲載されました。

紙面

アマゾン、国内で1兆円超 16年度本社調査 小売り大手の半数は減収(6月28日)

 この調査は1967年度から実施しているもので、今回が50回目。あらゆる業態の小売業を対象に売上高で500社をランキングするのが調査の柱です。どんな業態が伸びているのか、苦境に陥っているのはどんな業態なのか、真正面から消費者と向き合う小売りの最前線ではどんな変化が起きているのか、業態の消長や消費の潮流など様々なことがこの売上高ランキングから見えてきます。

 今回の調査でクローズアップされたのは見出しにある通り、ネット通販のアマゾンの売上高が初めて1兆円を超え、圧倒的な存在感を持って消費の最前線を担う企業となったこと。その一方、実店舗でビジネスを展開する大手の小売り業態は半数が減収という苦境に立っています。何しろこの調査の対象にアマゾンが入ったのは4年前から。その年にいきなり10位での登場でした。百貨店や総合スーパーが苦しむ中、高い伸び率で成長を続け、今年は6位に。その上の5位が百貨店トップの三越伊勢丹ホールディングスですが、来年まとまる次の調査でそこをも抜き去ることが確実視されています。

ランキング表

 調査開始から半世紀ということもあり、調査を詳報する専門紙の日経MJでは、小売業の主役の変遷をおさらいしています。これによると、第1回の首位は百貨店の大丸でした。その大丸は合併してJ.フロントリテイリングになっています。今回の調査ではアマゾンに抜かれて6位から7位になりました。百貨店の時代のあとに、総合スーパー(GMS)の時代が来て、ダイエーがトップになったのが72年。その次の時代がコンビニエスストアで、当時のセブン―イレブン・ジャパンが首位に立ったのは2000年度のことでした。その後は専門店の時代。トップにこそ立っていませんが、家電量販店のヤマダ電機、衣料品SPA(製造小売り)のユニクロ、家具のニトリなどが台頭してきます。その次に出てきた主役がネット通販ということになるでしょう。

 アマゾンより上位の5社は、トップにGMSからスタートし、さまざまに業態を広げ、変化してきたイオン、2位にコンビニを軸に百貨店もGMSも手がけるセブン&アイ・ホールディングス、3位、4位が専門店のユニクロとヤマダ電機で、5位が百貨店の三越伊勢丹ホールディングス。各時代の主役だった業態のトップ企業が、何とか踏みとどまっているとも言えますし、新旧がたまたま交錯した大きな転換点と見ることもできるのかもしれません。小売りという、もっとも身近なビジネスの現場は、それだけ変化が激しい業界といえるでしょう。

米では高級スーパーを買収

ホールフーズ
ホールフーズのニューヨーク市内の店舗

 こうした小売業の変化に、さらなるイノベーションを起こすことになるかもしれないアマゾンの新しい動きをめぐるニュースも紹介しておきましょう。

アマゾン、新陳代謝促す 高級スーパーのホールフーズ買収 貪欲さ、産業の垣根越える(6月30日)

 この日の2面に掲載された深掘りの解説記事です。米アマゾン・ドット・コムが高級スーパーのホールフーズ・マーケットを1.5兆円を投じて買収することの意味を考察した記事で、「ネット上の仮想店舗でモノを売る小売業が実店舗に進出する象徴的な出来事」と指摘しています。

 この記事によれば、「アマゾンエフェクト(効果)」という言葉が米国のメディアの流行語になっているとのこと。その意味するところは、「アマゾンがあらゆる企業・産業をのみ込むこと」だそうです。この買収でアマゾンは、生鮮品のネット宅配を本格化させるとみられています。ネット通販という小売りの一部分だけでなく、実店舗のビジネスでもイノベーションを起こして変化させようという取り組みです。そうしたイノベーションへのあくなき欲望こそがアマゾンの事業姿勢で、そのことは小売りという業界だけにも留まらず、あらゆる企業、産業の壁を溶かし、巻き込んでいくのではないか。世界の自動車大手をもしのぐアマゾンの研究開発投資の巨額さにも触れながら、「ホールフーズの買収は日本企業にとっても対岸の火事ではないはずだ」と記事を結んでいます。

(企画委員 水柿武志)

記事のリンクは日経電子版に飛びます。ログインしてお読みください。いずれも有料会員限定記事ですが、無料会員(日経カレッジカフェ会員を含む)でも、月間10本までは限定記事を無料で読むことができます。就活のために新聞を購読している方は、その日付の新聞を開いて読んでみましょう。