日本経済新聞 関連サイト

OK
[ liberal arts-大学生の常識 ]

宇宙のごみ掃除
「無理」と言われ、逆にやる気に
岡田光信・アストロスケールCEO
が語る(下)

宇宙のごみ掃除 「無理」と言われ、逆にやる気に岡田光信・アストロスケールCEOが語る(下)
OSGの石川社長(左)と

 宇宙ごみ(スペースデブリ)を「掃除」するベンチャー、アストロスケール(本社シンガポール)の岡田光信CEO(最高経営責任者、44)が語る母校、甲陽学院(兵庫県西宮市)の思い出。落ちこぼれだった中学時代から一転、高校時代に模擬試験で全国1位をとった岡田少年は、在学中、将来のスペースベンチャー立ち上げにつながる環境問題への関心を深めていった。

 <<前回「甲陽学院の落ちこぼれ、NASA体験で『宇宙』に目覚めた」から読む>>

個性的な先生、同級生に囲まれ、多くの刺激を受けた。

 高2になると、受験勉強をしつつ、勝手に自分の興味のある分野やテーマを勉強したり研究したりする生徒が結構いました。受験レベルを超えた大学レベルの勉強をする人も多かった。学校の図書館には、そのための本や資料が豊富にありました。

岡田光信・アストロスケールCEO

 私も高3のときは、趣味で日本史を勉強しました。なぜ「桜井の子別れ」は起こったのか、なぜ阿南惟幾は自刃したのかなど、かなりオタクなテーマを1人で掘り下げていました。模擬試験用の勉強をする以外は、かなりの時間を日本史の勉強に費やしたと記憶しています。

 日本史にはまったのは、日本史を面白く教えてくれたとある塾の先生の影響です。授業は毎回ドラマ仕立てで、先生が歴史上の人物になりきり、生徒の前で体を張って演技をするのです。阿南惟幾が自殺する場面では、なぜか、さだまさしの歌をBGMで流し、演じていました。すごく楽しい授業でした。

 同級生からもたくさん刺激を受けました。私は、趣味で酸性雨の調査もしていましたが、場所によってなぜ数値が違うのかがわからなくて、化学の得意な友達に聞いたら、ノートにササッと数式を書いて答えを教えてくれました。彼は数学や科学では、天才的な能力の持ち主でした。こんなふうに、互いに刺激し合える友達がまわりにたくさんいるのが、甲陽学院の良さだと思います。

大学は東京大学農学部に進んだ。

 酸性雨もそうですが、小さいころから環境問題に関心があり、高校時代は、独自に環境問題の勉強や研究をかなりしました。

 よく覚えているのは水俣病です。事件が起きてからすでにかなりの時間がたっていましたが、患者はまだ大勢いて、その方たちに会いに行ったこともあります。

「甲陽学院時代に深めた環境問題への関心が、無意識のうちに私自身の考えや行動に影響しているのかも」と語る

 環境問題は、今でこそ書店に行けば関連本がずらっと並んでいますが、当時は四大公害病の本と環境白書ぐらいしかありませんでした。インターネットもなかったので、環境問題の勉強には、自分でフィールドワークをするのが一番でした。

 環境問題といえば、高校時代、1人で割り箸撤廃運動をやったこともあります。学校の食堂の割り箸を何回でも使える竹箸に替えるべきだと先生や生徒の前で訴えて、食堂のおばさんたちとも話をし、竹箸に替えてもらいました。

 そもそも何で環境問題に関心を持つようになったのかはよくわかりませんが、大学でも環境問題をやりたいと思い、東京大学農学部に入りました。

 東大では大学院の修士課程まで進みましたが、環境問題や社会問題を解決するためには政策をつくる側になろうと思い、大学院を中退して、国家試験を受け、大蔵省(現財務省)に入りました。その後、米国のビジネススクールに留学中、アメリカのビジネスのダイナミクスに感激を覚えて大蔵省を退職し、経営学修士(MBA)をとってマッキンゼー・アンド・カンパニーに就職。3年半後に独立し、IT(情報技術)企業を数社経営しましたが、スペースデブリの問題に関心を抱き、2013年、アストロスケールを創設しました。

 宇宙のごみを掃除するというユニークなアイデアとビジネスモデルが注目され、昨年、ハーバードビジネススクールのケーススタディーに採用された。

 何年か前に海外で開かれたデブリの専門会議で「私はスペースデブリを除去する会社を立ち上げる」と漏らしたら、「とても無理だ。技術的に非常に難しい」「市場が存在しない」「お金がかかるので、スタートアップには向かない」など、慎重な意見をたくさんもらいました。

アストロスケールが開発している人工衛星

 でも、逆に、すごくワクワク感が出てきました。すでに市場があるとすれば、それは誰か別の人がもうビジネスを行っているということなので、競争する必要が出てきます。でも、市場がないということは、自分たちで市場をつくり、一番乗りできるので、大きなチャンスと捉えたのです。どのようなビジネスモデルになるかは分からない、けれども、必ず市場をつくることができる、そう思いました。

 現在では明確なビジネスモデルがあります。これまでの人工衛星の運用イメージは、大きな人工衛星を1基打ち上げ、その衛星が東京上空を1日2回通って写真を2回撮るというイメージです。しかし間もなく、一度に数百基、数千基という数の人工衛星を打ち上げ、地球全体を24時間カバーする「メガ・コンステレーション」の時代がやってきます。

 大量に衛星を打ち上げると、一定の割合で壊れる衛星が出てきます。壊れたら直ちに代替機を打ち上げなければなりませんが、1社が打ち上げることができる衛星の総数は決められている上、壊れた衛星と同じ軌道に打ち上げなければ意味がないので、どうしても壊れた衛星が邪魔になります。そこに、お金を払ってでも壊れた衛星を除去したいというニーズが生まれるのです。

 振り返ってみれば、今こうしてスペースデブリのビジネスに携わるのも、甲陽学院時代に深めた環境問題への関心が、無意識のうちに私自身の考えや行動に影響しているのかもしれません。

 また、甲陽時代に参加した米航空宇宙局(NASA)のプログラムは、間違いなくその後の私の人生を大きく変えました。毛利衛さんからいただいた、「宇宙は君達の活躍するところ」という手書きのメッセージは今でも大切にしています。事業の本格スタートはこれからですが、宇宙で活躍するためのスタート地点には来ていると思います。
(ライター 猪瀬聖)[日経電子版2017年6月12日付]

「日経College Cafe」のお勧め記事はこちら>>