College Cafe by NIKKEI

日経カレッジカフェ利用規約

日経IDおよび日経カレッジカフェにご登録いただいていない場合も、「日経カレッジカフェ」をご利用いただくのに必要な範囲内で日経カレッジカフェ利用規約は適用されるものとします。

第1条 適用

1.本規約は、日経カレッジカフェ(以下「本サービス」といいます)の利用に関して、株式会社日本経済新聞社(以下「日経」といいます)と本サービスへの利用者登録を行った個人(以下「利用者」といいます)との間の権利義務関係を定めることを目的とし、日経と利用者との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。

2.本規約の内容をご承諾いただきませんと本サービスの利用者登録ができません。申し込み前に必ず本規約をお読みになり、ご承諾くださいますようお願い申し上げます。なお、新たに本サービスの利用者になろうとする者(以下「申込者」といいます)は、本規約に承諾したものとみなされます。

3.利用者登録には、日経IDの取得が必須となります。本規約に定めがない事項については、別段の定めがない限り、またはその性質に反しない限り、日経ID利用規約(以下「ID規約」といいます)各条項が直接または適切な読み替えを行ったうえで適用されるものとし、本規約とID規約の定めが異なる場合、本規約が優先して適用されます。

第2条 本サービス

1.本サービスは日経が、ウェブサイト(http://college.nikkei.co.jp/、以下「本サイト」といいます)等における情報提供等を通じて、学生のキャリア形成を支援することを目的としたサービスです。

2.本サービスの内容は以下のとおりとします。

(1)利用者限定記事の閲覧

(2)利用者限定メールマガジンの購読

(3)記事保存機能の利用

(4)その他日経が定めるサービス

3.日経は、利用者の了承を得ることなく本サービスの内容を随時追加、変更、中止または終了できるものとします。

第3条 利用者登録

1.申込者は、本サービスの利用者登録を日経所定の方法で申し込むものとし、日経がこれを承諾した時に、利用契約が成立するものとします。

2.日経は、以下の場合に利用者登録を承諾しないことがあります。承諾しなかった場合の判断の理由については一切申込者に開示しません。また、申込者は判断の結果に対して異議を述べることはできません。

(1)申込者が実在しない場合

(2)申込者が届け出ている住所、電話、メール等の連絡先に連絡が取れない場合

(3)申込者が日経に届け出ている情報(以下「登録情報」といいます)に虚偽またはこれに類する不正確な内容の記載が含まれていると判明した場合

(4)申込者が規約違反等により日経またはそのグループ会社が運営するサービス等の利用を停止されたことがある場合等、日経が利用者登録を承諾すべきではないと判断した場合

(5)日経の業務の遂行上、または技術上、支障がある場合

(6)その他日経が不適当と認めた場合

第4条 登録情報の変更

1.利用者は、登録情報に変更が生じた場合には、速やかに日経所定の方法で変更の届出をするものとします。ただし、手続きの関係上、変更の手続きをされてから、当該変更が有効になるまで日数を要することがあります。

2.利用者が前項の届出をするまでの間に、または前項の届出を怠るなど登録情報の変更が適切に行われないために不利益を被ったとしても、日経は一切その責任を負いません。

第5条 個人情報

1.日経は、日経IDの取得時に日経が取得した利用者に関する個人情報(以下「日経ID個人情報」といいます)ならびに、本サービスへの登録、セミナー等への申し込みおよびアンケートの実施により新たに日経が取得した利用者に関する情報(以下「本サービス関連個人情報」といいます)を、「日経IDプライバシーポリシー 」にしたがって取り扱います。

2.利用者が本サービスを解約した場合、または日経が利用者の本サービスの利用を停止した場合には、日経は本サービス関連個人情報を消去するものとします。 ただし、日経IDから退会しない限り、日経は当該利用者に関する日経ID個人情報を消去せずに保有し、「日経IDプライバシーポリシー」にしたがって取り扱います。

3.日経は、本サービスが運営するセミナー・イベント等において撮影、録音および録画を行った場合、利用者の事前の了承を得ることなく、撮影、録音および録画により発生したコンテンツを、本サイト、日経が運営する本サービス以外のサイトおよび本サービスの広報・宣伝を目的としたポスター・パンフレット等への掲載に利用することができるものとします。

第6条 利用停止

1.日経は、ID規約等に定める場合のほか、利用者が以下の各号のいずれかに該当すると判断した場合、利用者への事前の通知もしくは催告を要することなく利用を停止(利用契約を解除)することができます。なお、利用停止措置(利用契約の解除)に関する質問・苦情は一切受け付けません。

(1)本規約に違反した場合

(2)登録情報について不正な利用または虚偽の申告を行った場合

(3)本サービスの利用が一定期間ない場合

(4)日経により、日経IDの利用契約が解除された場合

(5)その他合理的な事由により利用者として不適切と日経が判断した場合

2.ID規約第9条(禁止事項)に違反し、または本条第1項各号のいずれかに該当することにより、日経が損害を被った場合、日経は利用契約の解除の有無にかかわらず、当該利用者に対して、被った損害の賠償を請求できるものとします。

3.日経が利用契約を解除したことにより利用者に損害が発生したとしても、日経は一切責任を負いません。

第8条 メールサービス

1.本サービスにおける利用者へのメール送信に際し、メールの未送信、遅延、文字化け、同一メールの複数回送信が発生しても、日経はその責任を負いません。

2.利用者が受信したメールを削除・紛失した場合も、日経は当該メールの再送信は行いません。

3.利用者が登録しているメールアドレスを変更した場合、当該変更が有効となり、変更後のメールアドレスに日経からのメールが届くまでには日数を要することを利用者はあらかじめ了承し、日経に対して再送信等の要求を行わないものとします。

4.利用者は、日経が利用者へ利用者限定メールマガジン、本サービスに関するお知らせおよびキャンペーン等の案内を送信することを了承するものとします。当該メールの受信は、利用者からの申し出により停止することができます。

第9条 本規約の変更

1.日経は、利用者の承諾を得ることなく本規約を改定できるものとし、利用者は日経が本規約を随時改定することおよび本サービスの利用条件が改定後の本規約によることを了承するものとします。

2.本規約の改定後の内容は、日経が別途定める場合を除いて、本サイトに掲載された時点から効力を生じるものとします。

2015年3月17日制定